サイトマップ RSS

【産経FNN合同世論調査】河野談話「見直し論」 58%に上昇 (4/4ページ)

2014.2.25 10:00

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三(しんぞう)首相=2014年2月24日、国会(酒巻俊介撮影)

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三(しんぞう)首相=2014年2月24日、国会(酒巻俊介撮影)【拡大】

  • 安倍内閣の支持率の推移=2012年12月~2014年2月、※2014年2月22、23両日に産経新聞社・FNN(フジニュースネットワーク)が合同世論調査を実施
  • 慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」を見直すべきか=2014年2月22、23両日に産経新聞社・FNN(フジニュースネットワーク)が合同世論調査を実施
  • 自民、公明両党の支持層の賛否比較=2014年2月22、23両日に産経新聞社・FNN(フジニュースネットワーク)が合同世論調査を実施

 集団的自衛権の行使容認問題をめぐり、政府は4月にも有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の報告書を受け取り、ただちに自公両党との協議に入りたい考えだ。ただ、安倍政権のブレーキ役を自任する公明党は慎重姿勢を崩していない。

 世論調査でも、自民党支持層の61.5%が行使容認に賛成なのに対し、公明党支持層は42.2%。反対(44.4%)が上回っていた。首相にとって公明党の説得がカギとなるが、支持基盤の意識の差を埋めるのは容易ではない。みんなの党支持層の80.0%、日本(にっぽん)維新の会支持層の55.6%が賛成しており、安倍政権に近い両党の存在も公明党を刺激しそうだ。

 自公支持層の温度差は憲法改正の是非でも同じ。自民党支持層は64.1%が賛成だったが、公明党支持層は37.8%。反対は42.2%で賛成を上回っていた。

 自公支持層の意見対立が最も大きかったのが原発再稼働問題。安全性が確認された原発の運転を再開することへの賛否を尋ねたところ、自民党支持層の53.0%が賛成し、公明党支持層の60.0%が反対した。もっとも、再稼働問題では、自民党以外の各党支持層で反対が賛成を上回った。(SANKEI EXPRESS (動画))

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ