サイトマップ RSS

【米中間選挙】共和党 法案審議は硬軟両にらみ (1/4ページ)

2014.11.6 07:00

【米中間選挙】米上院、州知事選=2014年10月5日午後5時半現在(日本時間)

【米中間選挙】米上院、州知事選=2014年10月5日午後5時半現在(日本時間)【拡大】

 米国で4日(日本時間5日)開票された中間選挙で、上下両院で多数派となった共和党は今後、議会での法案審議を足がかりにバラク・オバマ大統領(53)に攻勢をかける。しかし上院を完全にコントロールできる60議席には届いておらず、対決姿勢だけでは国民の支持を得られないとの危機感も強い。党内では強硬論を展開する草の根保守運動「茶会(ティーパーティー)」も存在感を保っており、共和党指導部は茶会への配慮を示しながらの難しい党運営を迫られそうだ。

 「茶会」に配慮

 「今夜の結果はオバマ大統領の政策への否定だ」。共和党のランド・ポール上院議員(51)は4日、同じケンタッキー州選出のミッチ・マコネル上院院内総務(72)の勝利集会に駆けつけ、オバマ政権との対決姿勢を鮮明にした。

 マコネル氏自身も選挙戦で「医療保険制度改革(オバマケア)法は根本から改める」としてオバマ氏の看板政策を否定してきた。共和党側からは、「政策通のマコネル氏はオバマ政権に軌道修正を迫る法案審議を進めて攻勢をかける」との見方が出ている。

 ただ、攻勢だけでは政治の停滞は打開できない。上院での少数派によるフィリバスター(議事進行妨害)を破るには60議席以上が必要なためだ。

支持離れ懸念

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ