サイトマップ RSS

「APECブルー」のち再び「北京グレー」 (1/3ページ)

2014.11.25 09:05

一連のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)関連会議開催に備えて強制的にとられた大気汚染対策が奏功し、青空が広がる中、APECのロゴマークをバックに写真撮影をする親子=2014年11月6日、中国・首都北京市(AP)

一連のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)関連会議開催に備えて強制的にとられた大気汚染対策が奏功し、青空が広がる中、APECのロゴマークをバックに写真撮影をする親子=2014年11月6日、中国・首都北京市(AP)【拡大】

  • 鳥の巣の通称で知られる北京の国家体育場を訪れた観光客ら。大気汚染対策が解除され、再び北京の空をスモッグが覆った=2014年11月20日、中国・首都北京市朝陽区(ロイター)
  • 中国・首都北京市周辺地域
  • 【ハチイチサン】俳優の別所哲也さんがナビゲーターを務める朝の人気番組「J-WAVE_TOKYO_MORNING_RADIO」(月~木曜、午前6~9時)の中で、毎週火曜日午前6時30分から10分間、「東京カルチャー」と題して日刊タブロイド新聞「SANKEI_EXPRESS」(略称EX)がホットな情報を提供します。番組では、EXの今泉有美子記者=イラスト=が、別所さんと対話する形で、EXの紙面からえりすぐった最新のシネマやアート、ファッションなどの情報をお伝えしていきます。紙面には載っていないJ-WAVEだけの耳寄り情報や、現場を取材した記者ならではのウラ話などもお楽しみいただける予定です。ちょっとだけ早起きをして、誰よりも早く一週間のカルチャー情報をキャッチしてください。

 【国際情勢分析】

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)の期間中、普段はスモッグに覆われてばかりの北京に、見違えるほどの青空が広がった。強風がスモッグを吹き散らす日が偶然続いたのではない。青空は、国際会議の議長国としての体面を気にした中国当局が、大気汚染の原因を封じ込めた結果生まれたものだ。中国のネットやメディアでは、「APECブルー」と皮肉混じりに呼ばれた。だが、北京の空は、今やすっかり「日常」を取り戻してしまっている。

 習主席、持続信じるも…

 「現在の北京の青い空は、『APECブルー』であり、きれいだが一時的ですぐになくなってしまう、という人がいます。たゆまぬ努力を通じて、APECブルーを持続させることができる。私はそう信じています」

 中国の習近平国家主席(61)は11月10日、APEC首脳会合に参加する各国首脳をもてなす歓迎宴で、自らネットの流行語を用いてあいさつした。

操業停止で経済に打撃

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ