サイトマップ RSS

【野口裕之の軍事情勢】中国がプロパガンダ映画の鉄則を知る恐怖 (2/5ページ)

2015.1.5 06:00

 《業界評でひどいとされた映画が一転、米国の言論の自由を守り、米国人の政治的立場をたたえる愛国映画になった》

 ならば問う。《言論の自由を守る映画》が中国に在りや?

 (2014年12月)23日付環球時報の論評も、《言論の自由》が《米国人の政治的立場》ではなく、米国と米国人そのものであることを、中国が皮膚感覚で理解できていない証左で、哀れでさえあった。

 《米国は些細な事象を大げさに取り扱う》

 《言論の自由》を《些細》と一蹴。異形ぶりを、国際社会に向けてダメ押し発信するセンスのなさ=独善。だのに、説教がましく故事成語を駆使して能書きを垂れる。垂れるほどに独善は滑稽味を帯びていく。国連総会が北朝鮮の人権侵害を国際刑事裁判所に付託せんと、安全保障理事会に促す決議を採択(2014年12月18日)するに当たり、中国の国連大使は言った。各国代表の冷笑をかう悲劇、否、喜劇を演じたとも知らずに…

 「人権問題を(安保理で)政治化する方針に反対する」

 少数民族虐殺を国際社会が非難する度「内政干渉」と言い訳してきたではないか。中国自らが「人権問題」すなわち「政治」だと認めてきた理屈を忘れている。北朝鮮や中国のように、虐殺に痛痒を感じぬ国家に当事者・自浄能力がない以上、安保理以外どこで「政治」化できるのか。

手本は独「意志の勝利」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ