サイトマップ RSS

【野口裕之の軍事情勢】中国がプロパガンダ映画の鉄則を知る恐怖 (3/5ページ)

2015.1.5 06:00

 手本は独「意志の勝利」

 そも、中国で起きる事象は全て「政治まみれ」。クリスマスに際し《中国の言論の不自由を守り、中国人の政治的立場をたたえる愛国映画》が上映された。ロイター通信によると、西安市の大学では《低俗な西側祭日に反対せよ/西側文化の広がりを阻止せよ》の横断幕が随所に掲揚。学生は、孔子などを題材とした3時間のプロパガンダ映画鑑賞を強要された。

 《上映会場で学生の途中退席に教員が目を光らせ、鑑賞を拒むと処罰する=ロイター》中国が、ザ・インタビューを観ない自由も、批判の自由も有る米国を揶揄する奇観。もっとも、強制しないと観てもらえぬ「処罰付き映画」を作っている内は、ルトワック氏言うところの《戦略の才はない》。ただ、中国版《意志の勝利》が製作されれば脅威度は加速度的に増す。

 《意志の勝利》はアドルフ・ヒトラー(1889~1945年)自身が再三にわたり懇願した結果、独女性レニ・リーフェンシュタール(1902~2003年)が監督した。1934年のナチス全国党大会を記録した映画で、レールや昇降機に設置したカメラでヒトラーら被写体をさまざまな角度で追うなど、当時としては斬新な技法や独創的表現、美的感覚は専門家をもうならせる。37年のパリ万国博覧会で金賞に輝いたが、彼女はナチスとの関係を生涯を通し指弾された。

対極の「南京1937」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ