サイトマップ RSS

【USA! USA!】(10)オレゴン州ポートランド 「地産地消」支える自然の恵み (1/5ページ)

2015.1.6 13:15

ポートランドで開催された「世界ひげ選手権」に出場するため、カリフォルニア州南部のサンディエゴからやってきたジェミー・ルイスさん。酒造店に勤めており、ブルワリーをはしごしていた=2014年10月23日、米オレゴン州(緑川真実さん撮影)

ポートランドで開催された「世界ひげ選手権」に出場するため、カリフォルニア州南部のサンディエゴからやってきたジェミー・ルイスさん。酒造店に勤めており、ブルワリーをはしごしていた=2014年10月23日、米オレゴン州(緑川真実さん撮影)【拡大】

  • ポートランド郊外のワイナリー「マーカス・ビンヤード」で、発酵中のぶどう果汁をかき回すフランコ・マーカスさん。天井にはイタリア・シエーナの競馬レース、パーリオで使われる各地区の旗が掲げられていた=2014年10月23日、米オレゴン州(緑川真実さん撮影)
  • ビール醸造所「ベース・キャンプ・ブルーイング」の人気ビールで、バーナーで焦げ目がついたマシュマロがついた「エス・モア・スタウト」。キャンプで子供たちがマシュマロを焼いて食べることから、アイデアを得た。黒ビールの苦みとマシュマロの甘さがマッチして、デザートのような感覚だ=2014年10月23日、米オレゴン州ポートランド(緑川真実さん撮影)
  • ワイナリー「マーカス・ビンヤード」のテイスティングルーム。和やかな雰囲気の中、誰でも気軽に会話を楽しみながらワインを楽しむことができる=2014年10月23日、米オレゴン州ポートランド(緑川真実さん撮影)
  • 「セライロ」のサンドイッチ。その日の仕入れによってメニューも変わる=2014年10月23日、米オレゴン州ポートランド(緑川真実さん撮影)
  • 地域で収穫されたトマトを手にほほ笑む「セライロ」のオーナーでシェフのベン・スタンさん=2014年10月23日、米オレゴン州ポートランド(緑川真実さん撮影)
  • ポートランドで人気のベジタリアンレストラン「ナチュラル・セレクション」では、「みそ」など和食のテイストも入った料理がコースで提供される=2014年10月23日、米オレゴン州(緑川真実さん撮影)
  • 米オレゴン州観光局のロゴ。www.traveloregon.jp/
  • 米オレゴン州ポートランド
  • 知られざるアメリカを紹介する公式ガイドサイト。ディスカバー・アメリカ(提供写真)。www.discoveramerica.jp

 「マウントフッド」はオレゴン州で最高峰となる標高3425メートルの山。万年雪に覆われた山頂はスキー客でにぎわい、日本からもスノーボーダーが訪れる。ポートランドから郊外にドライブすれば、すぐにその雄姿を見ることができる。目指すはコロンビア峡谷だ。カナダのロッキー山脈を源流にオレゴン州とワシントン州の州境を流れ、数多くの滝を眺められる。雄大な風景を撮影しようと、世界中からプロ、アマチュア問わず写真家たちが集まる。

 この川から得られる水資源と比較的、温暖な気候から得られる自然の恵みが、オレゴン州の「地産地消」を支えている。ポートランドなど人の集まる都市部にはブルワリーが多い。地域で得られる水、大麦、ホップで上質なクラフトビールが醸造できるからだ。

 「ハーイみなさん、ようこそブルワリーツアーへ!」。大きなおなかを抱えた、元気いっぱいのお姉さんが現れた。クラフトビール醸造所を回るツアーのガイド兼ドライバー、アン・ロージーさん(31)。実は運営会社の社長でもあり、この日は社員の急病で急遽(きゅうきょ)復帰した。ツアーは3カ所のブルワリーを順に巡り、さまざまなビールを飲み比べ、軽い食事がついて175ドル(約2万1000円)だ。アンさんは途中、ビールに関するクイズ大会も開くなど大活躍、その陽気さのおかげでビールがさらにおいしくなったような気がした。

仕事とライフスタイル謳歌

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ