サイトマップ RSS

【野口裕之の軍事情勢】国連が「本尊」、左翼カルト集団が「悪魔払い」する集団的自衛権 (6/6ページ)

2015.2.9 06:00

国連安全保障理事会。創設から70年を経ても国連が「連合国」の利権争いの場である現実は一向に変わらない=2014年12月30日、米ニューヨーク(AP)

国連安全保障理事会。創設から70年を経ても国連が「連合国」の利権争いの場である現実は一向に変わらない=2014年12月30日、米ニューヨーク(AP)【拡大】

 とはいえ、集団安全保障や集団的自衛権の確度を自問自答する韓国を、見ならう必要はある。確かに国連同様、同盟国が危機に際して来援しない可能性は低くはない。だからこそ同盟相手に、日本の戦略価値で得られる国益を認識させ、日本の危機における軍事支援を取り付ける代わりに、同盟相手の危機でも能動的に動けるよう準備が必要になる。

 ところで、この準備を阻止し、国連に国運を委ねる「宗派」は中露の善意も信じて疑わない。日本の軍事的脅威で、安保理で拒否権を有する中露ではあるが、多分日本の繁栄を願ってくれている、と。

 カルト集団の洗脳はかくも恐ろしい。(政治部専門委員 野口裕之/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ