サイトマップ RSS

【野口裕之の軍事情勢】仏情報機関vs.テロリストの死闘  (1/6ページ)

2015.1.19 06:00

1月14日、原子力空母シャルル・ドゴールの艦上を歩くフランスのフランソワ・オランド大統領(左から3人目)。マニュエル・バルス首相の「テロとの戦争」宣言を受け、艦上演説で仏軍削減計画の見直しを表明した=2015年(ロイター)

1月14日、原子力空母シャルル・ドゴールの艦上を歩くフランスのフランソワ・オランド大統領(左から3人目)。マニュエル・バルス首相の「テロとの戦争」宣言を受け、艦上演説で仏軍削減計画の見直しを表明した=2015年(ロイター)【拡大】

  • 【仏紙銃撃テロ】週刊紙銃撃事件の容疑者の足取り=2015年1月7~1月9日、フランス

 フランスの風刺週刊紙本社銃撃など、一連のテロで17人が犠牲になり、仏情報機関・軍VSイスラム系テロリスト・武装組織の死闘は激化する。仏情報機関は3000人以上が殺された9・11(米中枢同時テロ/2001年)の前兆を察知し、米国に伝えており実力は並ではない。仏首相は13日「テロとの戦争に入った」と演説したが、常時数千の仏軍を貼り付けた戦争は1980年代以降、マリやニジェール、チャドなどでとっくに始まっている。テロ供給源掃討も重点目標の一つで、北~西アフリカ情報の厚さも、仏軍は欧米各国軍に比べ抜きんでる。にも関わらずテロを許した衝撃で、仏政府は情報機関の権限強化や法改正へと「舵」を切った。もっとも、仏政府は過去幾度も「舵」を切らされた。民主国家としての人権の壁もあり、実施できるノリシロは次第に狭められていく。その間も、疎外感にさいなまれる青年の中で眠っていた“細胞”は、インターネットを駆使した過激分子に起こされ、インターネットを通じて増殖を止めない。世界各地で「テロを恐れない」とうたうデモが行われているが、テロリストは死を恐れるどころか「大好き」。移民=テロリストでは断じてない。ただ、西/北欧は移民≠テロリストと完全に断言できぬ社会構造を培養した。構造改革が可能か否かは誰にも分からないが、これからもおびただしい血が流れる悪夢は誰もが予期している。

「死が大好き」な姿勢

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ