サイトマップ RSS

【野口裕之の軍事情勢】仏情報機関vs.テロリストの死闘  (6/6ページ)

2015.1.19 06:00

1月14日、原子力空母シャルル・ドゴールの艦上を歩くフランスのフランソワ・オランド大統領(左から3人目)。マニュエル・バルス首相の「テロとの戦争」宣言を受け、艦上演説で仏軍削減計画の見直しを表明した=2015年(ロイター)

1月14日、原子力空母シャルル・ドゴールの艦上を歩くフランスのフランソワ・オランド大統領(左から3人目)。マニュエル・バルス首相の「テロとの戦争」宣言を受け、艦上演説で仏軍削減計画の見直しを表明した=2015年(ロイター)【拡大】

  • 【仏紙銃撃テロ】週刊紙銃撃事件の容疑者の足取り=2015年1月7~1月9日、フランス

 《国家・国民の安全》と《人間の権利・自由》とのバランスは慎重であるべきだ。この点、憲法裁判所や議会、外部が注文を付けられない複数の完全独立行政機関が法制定の前後に、厳しい適正審査を行う。

 しかし《安全》なくして《権利・自由》は保障されない。9・11の2カ月後、対テロ関係法を制定した仏内相の決意は《平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した=憲法前文》国が、日本だけである歪を突き付ける。いわく-

 「人権・自由侵害なる批判があるが、テロ脅威に直面しながら戦わない姿勢こそ、自由の侵害であろう」(政治部専門委員 野口裕之/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ