サイトマップ RSS

【タイガ-生命の森へ-】轟音の疾走 そして静寂 (1/4ページ)

2015.2.9 14:10

チョウセンゴヨウの大木をすり抜けて森の奥へ向かう=2013年3月15日、ロシア・クラスヌィ・ヤール村(伊藤健次さん撮影)

チョウセンゴヨウの大木をすり抜けて森の奥へ向かう=2013年3月15日、ロシア・クラスヌィ・ヤール村(伊藤健次さん撮影)【拡大】

  • 雪に覆われた倒木。タイガではさまざまな樹の一生に出会う=2013年3月15日、ロシア・クラスヌィ・ヤール村(伊藤健次さん撮影)
  • ビキン川流域の森は広葉樹と針葉樹が混在し、冬は明るい=2013年3月15日、ロシア・クラスヌィ・ヤール村(伊藤健次さん撮影)
  • キャタピラについた氷を斧で落とすアンドリューシャ=2013年3月15日、ロシア・クラスヌィ・ヤール村(伊藤健次さん撮影)
  • タイガで使われる木製のスキー。裏に毛皮の滑り止めが貼ってある=2013年3月15日、ロシア・クラスヌィ・ヤール村(伊藤健次さん撮影)
  • ロシア・クラスヌィ・ヤール村

 クラスヌィ・ヤール村から冬のタイガへ向かう旅は刺激的だ。遠い狩小屋を目指す時はウデヘの猟師が操るブラン(ロシア製スノーモービル)に乗る。バランスをみて2人乗りするか、後ろにつないだ荷台に座るのだが、スピードを上げると猛烈な雪しぶきと寒風をまともに浴びて、文字通り顔が凍りつく。

 せっかちな猟師のアンドリューシャは、走り出したら止まらない。困ったことに大きなエンジン音のせいで荷台からでは運転手になかなか声が届かず、振動でお尻が裂けそうでも、寒さで脳天がしびれて気が遠くなっても耐えるしかない。こんな疾走はいつ以来だろう…。振り落とされぬよう必死にしがみついているうちに、いつしか雪に包まれた迷宮のような森に入り込んでいる。

 そうして突如ブランが止まり、エンジンが切られる。その後の静寂がたまらない。

 王者のようにそそり立つチョウセンゴヨウ。雪の中にたたずむ無数の樹々。タイガの懐は凛(りん)とした寒気と樹々の精気に満ち、ひどく心地がいい。

力強く個性豊か 樹々と村人が重なる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ