サイトマップ RSS

関電誤算 燃料費増で再々値上げ現実味 高浜原発、福井地裁が再稼働認めず (2/4ページ)

2015.4.15 10:45

福井地裁が再稼働を認めない仮処分を下した関西電力高浜原発3号機(手前右)、4号機(手前左)=2014年11月27日、福井県大飯郡高浜町(本社ヘリから撮影)

福井地裁が再稼働を認めない仮処分を下した関西電力高浜原発3号機(手前右)、4号機(手前左)=2014年11月27日、福井県大飯郡高浜町(本社ヘリから撮影)【拡大】

  • 「司法判断と行政手続きは別」との認識を示した野瀬豊町長=2015年4月14日午後、福井県大飯郡高浜町・高浜町役場(矢田幸己撮影)
  • 関西電力高浜原発をめぐる主な動き=2014年5月~2015年4月14日

 大飯の判決は確定まで法的効力が発生しない内容だったため、関電が控訴した時点で実質的に効力を失った。だが差し迫った事態に対応する仮処分決定は、判断が覆るまで効力を持つ。民事訴訟に詳しい冨宅恵弁護士は「樋口裁判長による審理を狙ったとみられる原告の戦略に関電が完敗した」と指摘する。

 赤字回避に悲壮感

 「2015年度も再稼働が難しくなっても再々値上げはないでしょうね」。1月、経済産業省。関電の震災後2度目の電気料金の値上げを審査する有識者会議で、ある委員が関電の八木誠社長にこう詰め寄った。

 「訴訟などの理由で(原発停止が)長期化すると総合的な判断が必要」。八木社長は将来的な再々値上げを完全否定できなかった。

 関電は13年春に震災後初めて電気料金を値上げし、家庭用で平均9.75%引き上げた。今回は家庭用で平均10.23%の値上げを申請。単純合算で2年で20%もの電気料金の上昇だ。企業用は計約34%上がり、電気料金の負担増が市民生活や企業経営を圧迫し続ける。

高浜町長「土俵違う」「私自身の責任で判断」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ