サイトマップ RSS

高浜原発の再稼働認めず 仮処分 福井地裁、新基準を否定 (1/5ページ)

2015.4.15 10:00

高浜原発3、4号機の再稼働差し止めの仮処分決定を受け、垂れ幕を掲げ喜ぶ申し立て住民ら=2015年4月14日午後、福井県福井市・福井地裁前(共同)

高浜原発3、4号機の再稼働差し止めの仮処分決定を受け、垂れ幕を掲げ喜ぶ申し立て住民ら=2015年4月14日午後、福井県福井市・福井地裁前(共同)【拡大】

 2月に新規制基準に基づく安全審査に「合格」し、再稼働に向けた手続きが進んでいる関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)をめぐり、福井、大阪など4府県の住民9人が再稼働の差し止めを申し立てた仮処分で、福井地裁(樋口英明裁判長)は14日、「新規制基準は緩やかすぎ、基準に適合しても安全性が確保されているとはいえない」として、再稼働を認めない決定をした。原発運転禁止の仮処分は全国で初めて。

 決定はただちに法的効力が生じるため、今後の司法手続きで取り消されない限り2基は運転できない。関電は決定を不服として、異議と法的効力の停止を申し立てる方針だが、想定されていた11月の再稼働は極めて困難な情勢となった。

 樋口裁判長は決定理由で、2005年以降、4原発で基準地震動を超える揺れが5回あったことを重視し「基準地震動を超える地震が高浜原発に到来しないというのは楽観的見通しだ」と指摘。基準地震動を下回る地震でも、外部電源や主給水が断たれて冷却機能が確保できず、重大事故が生じる危険性があるとした。

 新規制基準についても「深刻な事故を引き起こす可能性が万が一にもないような厳格な内容を備えていない」と批判。基準に合理性はなく、適合しても安全性は確保されないとした。

科学的議論を無視する司法に批判の声

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ