サイトマップ RSS

関電誤算 燃料費増で再々値上げ現実味 高浜原発、福井地裁が再稼働認めず (3/4ページ)

2015.4.15 10:45

福井地裁が再稼働を認めない仮処分を下した関西電力高浜原発3号機(手前右)、4号機(手前左)=2014年11月27日、福井県大飯郡高浜町(本社ヘリから撮影)

福井地裁が再稼働を認めない仮処分を下した関西電力高浜原発3号機(手前右)、4号機(手前左)=2014年11月27日、福井県大飯郡高浜町(本社ヘリから撮影)【拡大】

  • 「司法判断と行政手続きは別」との認識を示した野瀬豊町長=2015年4月14日午後、福井県大飯郡高浜町・高浜町役場(矢田幸己撮影)
  • 関西電力高浜原発をめぐる主な動き=2014年5月~2015年4月14日

 関電は再稼働の遅れで悪化する財務基盤を再値上げで改善する考えだ。火力発電所の燃料費増加などで15年3月期の連結最終損益は1610億円の赤字の見通しだ。関電は、再値上げをした上で11月に高浜を再稼働すれば、赤字は回避できると想定していた。だが、仮処分に対する異議申し立ての審理は1年近くかかる恐れもあり、関電のシナリオを狂わせていく。

 再稼働が想定以上に遅れれば、火力発電所などの修繕費の削減まで迫られかねず、「赤字回避には火力などの安全面を多少犠牲するくらいしないと、うちは終わる」。関電首脳の言葉に悲壮感が漂う。

 ≪高浜町長「土俵違う」「私自身の責任で判断」≫

 福井地裁の仮処分決定について、福井県高浜町の野瀬豊町長は14日、報道陣の取材に「司法と行政の判断は土俵が違う」とし、自身が行う再稼働可否の判断への影響は限定的との見方を示した。「私自身の責任で判断していくことに変わりはない」と強調した。

 3月20日に再稼働への同意を決めた高浜町議会の的場輝夫議長は「規制委の存在自体に疑義を挟む決定だ」と反発した。

原発作業員を主な客とする宿泊施設や飲食店

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ