サイトマップ RSS

石垣島から 「夜遊び」のススメ (1/3ページ)

2015.5.24 16:30

夜空に霧が立ち上るように繊細な光を放つ伊原間(いばるま)の星雲=2012年6月2日、沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)

夜空に霧が立ち上るように繊細な光を放つ伊原間(いばるま)の星雲=2012年6月2日、沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)【拡大】

  • 夜、ほんの短い時間だけ飛び交うヤエヤマヒメホタルは、天然のクリスマスイルミネーション=2013年4月28日、沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 太陽が沈んだ後の残像が美しい名倉湾=2009年1月17日、沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 美しいビーチのある石垣島北部の伊原間(いばらま)からは、神秘的な天の川と星雲が望める=2011年7月4日、沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 平久保灯台沖で見たサンゴの産卵。5月の大潮の時期しか見られない、自然界の幻想的な神秘だ=2014年5月17日、沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)

 「夜遊び」という言葉はあまり良い印象を与えない。都会ではよからぬ思惑を胸に抱きながら、ネオンきらめく繁華街へ繰り出す。そんな印象を受ける言葉である。でも石垣島での夜遊びとは、健全なナイトツアーのこと。

 5月に入ると、天気も比較的安定してきて、気温も上昇し、日中では28~30度くらいまで上がる。Tシャツ一枚で夜中に出掛けても、肌寒く感じることはほとんどない。それでは石垣島のナイトツアーへ出掛けよう。

 サンライズ、サンセットなどさまざまなシーンは見る人や、その時の心理状態によって感じ方は千差万別だ。私が好きな時間帯はサンセットの後。太陽は沈んでいるが、まだ薄明るい状態。昼の時間が止まろうとしながら、夜の時間が動き始めるときの間(はざま)が好きで、写真を撮るのがすごく面白い。

 私がよく行く場所は名蔵湾。石垣島最大の干潟とマングローブの林がある。ここで見る昼と夜の間は、昼のざわめきが静まり闇が音もなく動き出すさまが感じ取れる。少し大げさかもしれないが、自分の五感で感じ取ってほしい。

 辺りが薄暗くなって来ると、3月後半から5月中旬にかけてヤエヤマヒメホタルが飛び交う。約2~5ミリ程度の小さな蛍だ。日没後、午後7時半ごろから光り出し、約40分程度と時間は限定される。一斉に瞬きながら飛び交う「天然のクリスマスイルミネーション」。絶対に見ることをお薦めする。

森で海で空で 命かがやく

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ