サイトマップ RSS

動物園のライブラリーをつくる 幅允孝 (5/5ページ)

2015.7.7 15:30

リオープンに向けて準備が進む京都市動物園のライブラリー=2015年7月3日、京都市左京区(提供写真)

リオープンに向けて準備が進む京都市動物園のライブラリー=2015年7月3日、京都市左京区(提供写真)【拡大】

  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 「大獅子図」や「班猫」などの代表作だけでなく、ウサギやゾウ、ニワトリ、トラ、クマ、シカなどなど、動物の匂いまで描くといわれた栖鳳の筆。後に「東の(横山)大観、西の栖鳳」と称され、その後の日本画界に大きな影響を与えるのだが、そんな竹内栖鳳は弟子たちに「写生」と「省筆」を徹底させ、ここ京都市動物園にも何度も通って動物たちを写生したそうだ。新しいライブラリーでは「京都画壇と動物園」という企画棚をつくり、京都の画家たちが描いた動物に想いを馳せてもらうことにした。この場所の来歴を大切にすることで、ここにしかない本棚はできるものだ。

 そんなこんなで、ライブラリーは完成まであと一歩というところまで辿り着いた。何といってもリオープンは来週。あとは腰痛を庇いつつ、もくもくと棚に数千冊の本を並べていく。額に汗しながら、結局は肉体労働者なのよねとつぶやく。新しく生まれ変わる棚の全貌が少しずつ見えてきた。さあ、あともう一仕事がんばろう。できあがったら、皆さんもぜひ見に来てくださいね。(ブックディレクター 幅允孝(よしたか)/SANKEI EXPRESS

 ■はば・よしたか BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。近著に『本なんて読まなくたっていいのだけれど、』(晶文社)。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ