サイトマップ RSS

跳ねた青森の夏 幅允孝 (2/5ページ)

2015.8.9 11:20

いよいよ祭がはじまる。熱気が四方八方から伝わる=2015年8月4日(幅允孝さん撮影)

いよいよ祭がはじまる。熱気が四方八方から伝わる=2015年8月4日(幅允孝さん撮影)【拡大】

  • 内側と外側、その両方からねぶたの全体を露にする。「ねぶた祭“ねぶたバカ”たちの祭典」(河合清子著/角川oneテーマ21、802円、提供写真)
  • 全国各地の年中行事から日本人の生活の来歴を記した名著。「年中行事覚書」(柳田國男著/講談社学術文庫、972円、提供写真)
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 そもそも、ねぶたという祭の起源は諸説あるようだ。河合清子の『ねぶた祭 “ねぶたバカ”たちの祭典』(1)によると、坂上田村麻呂が蝦夷征伐の際に敵をおびき出すために大灯籠をつくったという伝承が紹介されている。また、柳田國男の書いた『年中行事覚書』(2)には「眠流し考」というページにこんな言説が記されているという。暑く農作業も忙しい夏に睡魔を遠ざけるため、1日で7回水浴びをして7回ご飯を食べるという「眠り流し」の風習。それが七夕行事とくっつき、「ねむた流れろ、豆の葉はとまれ」と唱えながら、灯籠や人形を川に流す行事になったとか。「ねむた」から「ねぶた」になったという説である。

 そんなこんなのねぶた祭だが、最も大きな特徴として挙げられるのは、寺社が司るのではなく街の行事(民族風習)として自然発生的に広まった点だろう。つまり、寺の檀家でもなくとも、神社の氏子でなくても、誰でも参加できる祭ということだ。ハネト(跳人)と呼ばれる踊り手の衣装を身につけていれば、どんな人だって踊りの列に加わることができる。そして、前日の弘前ねぷたでは沿道からの見学のみだった僕が、翌8月4日の青森ねぶたでは急遽(きゅうきょ)参戦することになったのだ。知人の紹介でみちのく銀行の運行に交ぜてもらうことになったのである。

「ラッセラー」の掛け声とともに

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ