サイトマップ RSS

機械的秩序を絵画がかき乱す 「杉戸洋展 天上の下地 prime and foundation」 椹木野衣 (1/5ページ)

2015.5.25 15:00

「snake_and_bird」(2012:カンバス、アクリル・顔料280.0×411.5、ヴァンジ彫刻庭園美術館蔵)。Courtesy_of_The_Vangi_Sculpture_Garden_Museum、岡野圭さん撮影、提供写真)。(C)Hiroshi_Sugito

「snake_and_bird」(2012:カンバス、アクリル・顔料280.0×411.5、ヴァンジ彫刻庭園美術館蔵)。Courtesy_of_The_Vangi_Sculpture_Garden_Museum、岡野圭さん撮影、提供写真)。(C)Hiroshi_Sugito【拡大】

  • 「untitled」2009(提供写真)。(C)Hiroshi_Sugito
  • 「イーハトーヴ」の展示風景=2015年5月19日(提供写真)
  • 主展示室の展示風景=2015年5月19日(提供写真)
  • 主展示室の展示風景=2015年5月19日(提供写真)
  • 宮城県美術館の外観=宮城県仙台市青葉区(提供写真)

 【アートクルーズ】

 緑の映える杜の都、仙台に杉戸洋の展覧会を見に行ってきた。会場は街中からほど近い宮城県美術館。ここは訪ねるたびに建築の佇(たたず)まいに感心させられる。どっしりとしていて軽快なリズム感のある設計は、ル・コルビュジエの弟子、前川國男の手による。日本の近代建築を代表する傑作だ。

 逆に言うと、建築が作り出す空間があまりに完璧なために、ここで開かれる展覧会は、時間がたてばたつほど、建物の印象のほうが記憶に強く残る傾向がある。むろん、いい展覧会だからこそ印象が長く残るのだが、展覧会を開く作家にとって百パーセントいいことかどうかは微妙だ。極端な言い方をすれば、ここで開かれる展示はいつも、建築に助けられているか、負けているか、多かれ少なかれどちらかということになりかねない。

 黄金比を活用した完璧な建物

 その点、今回の展覧会で杉戸は、優れた画家であるにもかかわらず、いや、そうだからこそ、自作が飾られる建物の空間を、なによりもまず第一に考えて展示を組み立てている。これは、私が訪ねた日に開かれていた建築家、青木淳とのトークでも話されていた通りだ。

黄金比で設計された建物

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ