サイトマップ RSS

解決見えない南スーダン 紛争の先にいる子供たち (4/5ページ)

2015.8.11 11:00

難民キャンプで、弟を抱いて歩く男の子=2015年4月24日、エチオピア・ガンベラ州(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)

難民キャンプで、弟を抱いて歩く男の子=2015年4月24日、エチオピア・ガンベラ州(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)【拡大】

  • 教育の重要性を大人に理解してもらうため、子供たち自身が声を上げた=2015年6月19日、エチオピア・ガンベラ州(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • テントの外で本を広げる子供たち。両親は南スーダンから戻らず、兄弟だけで暮らしている=2015年6月19日、エチオピア・ガンベラ州(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 男の子だけでなく、女の子も学校に通う=2015年3月17日、エチオピア・ガンベラ州(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 南スーダン国内で避難民生活を送る姉妹=2014年7月9日(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ワールド・ビジョン・ジャパンの村松良介さん(中央)=2015年5月18日、エチオピア・ガンベラ州(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • エチオピア・ガンベラ州
  • ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)__キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。http://www.worldvision.jp/

 子供たちは、教育を通して生きる力を身に付け、前を向いて歩いていく強さを持っている。しかし、このように支援を受けられる子供たちは、冒頭の5950万人のほんの一握りにすぎない。紛争は、何の関係もない可能性に満ちた子供たちから、教育を受ける権利を奪い、人生にも破滅的な影響を与える。それを、絶対に忘れてはならない。

 戦後70年を迎える日本。駐在の任を終え、平和な東京の生活に慣れ始めている中、自分の目で見て肌で感じてきたことを風化させず伝えていくことが、私の大きな責務だと思っている。

 「何もかもはできなくとも何かはきっとできる」と信じ、子供たちの未来のために、支援を届け続けたい。(文:ワールド・ビジョン・ジャパン 村松良介/撮影:ワールド・ビジョン・ジャパン/SANKEI EXPRESS

ワールド・ビジョン・ジャパン 村松良介略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ