サイトマップ RSS

【ネパール大地震】緊急支援 夫妻から得た大きな勇気 (1/4ページ)

2015.6.4 11:30

自宅の前に立つ女の子。もう家に戻ることはできない=2015年、ネパール・バクタプル(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)

自宅の前に立つ女の子。もう家に戻ることはできない=2015年、ネパール・バクタプル(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)【拡大】

  • 地震発生から1カ月を記念して開催されたキャンドルイベント=2015年5月25日、ネパール・首都カトマンズ(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 感染症予防のためせっけんで手洗いをする子供たち=2015年5月13日、ネパール・バクタプル(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ネパールへ向かう機中で隣に乗り合わせたバタライ夫妻=2015年5月2日(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 住んでいた家が全壊してしまった子供たち=2015年、ネパール・シンドゥーパルチョーク郡(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 毛布を求めて並ぶ人々=2015年5月3日、ネパール・首都カトマンズ近郊(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ワールド・ビジョン・ジャパンの坂賢二郎(ばん・けんじろう)さん(右)=2015年5月3日、ネパール(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ネパール・首都カトマンズ
  • ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)__キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。http://www.worldvision.jp/

 4月25日、ネパールをマグニチュード7.8の大地震が襲った。第一報を聞いたのは、海外出張先のホテルだった。ニュース番組で伝えられる情報は混乱、錯綜(さくそう)しており、「大変なこと」になると直感した。

 2004年のスマトラ沖大地震、10年のハイチ大地震、そして11年の東日本大震災と、大きな災害が起こるたび現地で緊急人道支援にあたった。すぐに緊急援助を行う同僚に連絡をとり、情報収集を始めた。

 大規模な支援のための調整が続く中、5月1日、私はネパールに向かった。

 地震による災害対応では往々にして、現地にたどり着くまでが最初の難関である。ネパールの場合、首都にある空港が唯一の国際空港(滑走路は1本のみだが)ということもあり、支援を行うための人員・物資の供給が現場のニーズに追いついていないことが問題になっていた。

 どうにか無事にネパールに到着した。その飛行機でたまたま隣に乗り合わせた夫妻から、私は大きな勇気をいただいた。

子供たちの笑顔 大きな救いに

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ