サイトマップ RSS

威容を誇る往年の防衛拠点 デンマーク・コリングフース (1/3ページ)

2015.9.13 08:30

湖のそばの高台にそびえ立つコリングフース。街のシンボルとなっている=2015年6月17日、デンマーク・コリングフース(銭本隆行さん撮影)

湖のそばの高台にそびえ立つコリングフース。街のシンボルとなっている=2015年6月17日、デンマーク・コリングフース(銭本隆行さん撮影)【拡大】

  • 復興された南棟の内部。新旧のコンビネーションが美しい=2015年6月17日、デンマーク・コリングフース(銭本隆行さん撮影)
  • 夏でも涼しい地下牢。囚人の叫びが聞こえてきそうである=2015年6月17日、デンマーク・コリングフース(銭本隆行さん撮影)
  • コリングフース内にある教会。国教がキリスト教だけに、城には必ず教会が設置されている=2015年6月17日、デンマーク・コリングフース(銭本隆行さん撮影)
  • コリングフースのすぐ下に広がるコリング市の商店街。買い物客が絶えない賑やかな街である=2015年6月17日、デンマーク(銭本隆行さん撮影)
  • デンマーク・コリング市

 【Viva!ヨーロッパ】

 ヨーロッパの国々では昔、領土の奪い合いが繰り返され、頻繁に争いとなる地には城が防衛拠点として築かれてきた。デンマークにとっての拠点となってきた城の一つが、ユトランド半島中東部のコリング市にある「コリングフース」である。200年前の大火で廃虚の姿をさらしていたが、100年かけて復興され、今では街のシンボルとして威容を誇っている。

 転々とした王城

 北欧ではフィヨルドの一番奥まったところに街が造られていることが多い。船を使うバイキングにとって都合がよかったのである。しかし、デンマークのフィヨルドは、高い断崖に挟まれた有名なノルウェーのフィヨルドと異なり、なだらかな丘に挟まれた“川”のようなものである。

 コリングの街も同じく、なだらかな両岸に挟まれたコリング・フィヨルドの水が尽きた奥の岸辺に位置する。この地域はかつて国境地帯とされ、防衛拠点としてコリングフースが1268年に築かれた。街の中心の湖脇にある高台に建てられた城であり、周辺を見渡すことができる格好のロケーションである。

 ちなみに、「フース」とは英語で「ハウス」であり、「館」とも訳せる。「城」や「領主の屋敷」というさまざまな意味が含まれている。

100年かけ廃虚を復興

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ