“日本の良さ”伝えるレクサスの挑戦 高級車ブランド育てる難しさ (2/5ページ)

2015.4.12 07:00

  • 山田五郎氏=日本平ホテル
  • 日本酒を楽しむ参加者ら=日本平ホテル
  • 静岡の芸妓=日本平ホテル
  • 日本酒を楽しむ参加者ら=日本平ホテル
  • うなぎパイ=日本平ホテル
  • 踊りや唄を披露する静岡の芸妓=日本平ホテル
  • サクラ=日本平ホテル
  • 調理場で打ち合わせする長谷川在佑氏(中央手前)ら=日本平ホテル
  • 参加者ら=日本平ホテル
  • 調理場で準備するシェフら=日本平ホテル
  • サクラ=日本平ホテル
  • 「白隠正宗」=日本平ホテル
  • 「明日はツルツル」=日本平ホテル
  • 「明日はツルツル」の器。静岡産のスギの木でつくられている=日本平ホテル
  • 「明日はツルツル」=日本平ホテル
  • 「明日はツルツル」。袋の中身はスッポンと野菜のスープだった=日本平ホテル
  • 富士山とサクラを眺めながら食事を楽しむ参加者=日本平ホテル
  • 「鯛vs鯛」=日本平ホテル
  • サクラ=日本平ホテル
  • 不思議な袋に興味を示す参加者=日本平ホテル
  • 袋の中身は野菜を育てた農場の土だった=日本平ホテル
  • 「そして、そして、富士の山」
  • 長谷川在佑氏(右)からメニューの説明を受ける参加者=日本平ホテル
  • 「からみひめ」=日本平ホテル
  • 「うなぎいも蕎麦」=日本平ホテル
  • 「〆■(しめます)」=日本平ホテル
  • ライトアップされたサクラ=日本平ホテル
  • ライトアップされたサクラ=日本平ホテル
  • 料理をイメージし、長谷川在佑氏が自ら書いたイラスト
  • 静岡の地酒=日本平ホテル
  • 静岡の職人が手がけた器=日本平ホテル
  • サクラ=日本平ホテル
  • 部屋から見える富士山=日本平ホテル


富士山、サクラ、そしてレクサス「NX」=日本平ホテル

富士山、サクラ、そしてレクサス「NX」=日本平ホテル【拡大】

 料理を担当するのは、神保町の日本料理店「傳」の長谷川在佑氏。無形文化遺産に登録された「和食」の世界で新進気鋭の料理人として知られる。イベントを盛り上げるホスト役は編集者・評論家の山田五郎氏、会場を飾る花や樹木はフラワーアーティストの赤井勝氏が担当した。

 屋外がメーン会場と聞いていたが、記者が参加した23日はあいにくの強風だった。気温も低いため、参加者の体調や配膳を考慮し、急きょ屋内での開催に変更された。関係者によると、悪天候に備えて屋内外のどちらにも対応できるようメニューの内容を臨機応変で切り替えるそうだ。調理場からテーブルまでの距離や階段、導線といった要素も計算済みだ。

 ■富士山とサクラ、そして珍しい料理

 「子供のころは桜えびをよく食べた。いまは高級食材となってしまったが…」。懐かしそうに思い出を語るのは山田五郎さん。両親が静岡県出身で、祖父母宅に遊びに行くことが度々あったそうだ。第1会場の「富貴庵」では、「夜のお菓子」(うなぎパイ)、「海と山のビスク」(桜えびとエビイモ)に舌鼓を打った。日本酒は沼津の地酒「白隠正宗」が振る舞われた。このほか、静岡の芸妓が唄や踊りを披露した。

サクラに照明が当たると、視界に幻想的な景色が広がった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。