“草食系知事”が突然キレた!? 京都vs福井…LNGパイプラインルート論争 (3/7ページ)

2015.10.13 07:00

液化天然ガス(LNG)パイプラインのルート選定をめぐり、京都府と福井県がそれぞれ想定しているルート。受け入れ基地の設置は経済効果に結びつくだけに、両県の「綱引き」は激しさを増してきた

液化天然ガス(LNG)パイプラインのルート選定をめぐり、京都府と福井県がそれぞれ想定しているルート。受け入れ基地の設置は経済効果に結びつくだけに、両県の「綱引き」は激しさを増してきた【拡大】

  • 京都府の山田啓二知事。調整役や議長役を担う理性的で穏やかな人柄で知られるが、液化天然ガスパイプラインのルート選定をめぐっては、福井県側が示した1枚の地図に強い口調でかみついた

 福井県の担当者は「地図はあくまでも参考として提示しただけ。あそこまで反応があるとは…」と苦笑する。

 京都府幹部の一人は「山田知事があれほど他の自治体を厳しく牽制するのは珍しい」。担当者は「敦賀港に決まったかのように示されると、こちらとしても今後やりづらくなる」と山田知事の心情をおもんぱかった。

 災害対策にも効果

 北陸地方から関西に向けてのルート選定といえば、北陸新幹線の敦賀から大阪への延伸ルートの論争が有名だ。

 与党の検討委員会が、「小浜」「米原」「湖西」の3ルートに加え、JR西日本が内部で検討している「小浜-京都」ルートも候補として議論している。経済効果にも大きく影響があるだけに各地とも譲らないが、福井県は小浜ルートが米原ルートより3千円ほど安くなるとの試算をまとめるなど、主導権を握ろうと必死だ。

 LNGのパイプラインも同様だ。エネルギーが安定供給できれば、企業進出に期待が持てることから自治体にとって注目度は高い。

現在、日本と国外を直接結ぶパイプラインはなく、LNGは…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。