“草食系知事”が突然キレた!? 京都vs福井…LNGパイプラインルート論争 (5/7ページ)

2015.10.13 07:00

液化天然ガス(LNG)パイプラインのルート選定をめぐり、京都府と福井県がそれぞれ想定しているルート。受け入れ基地の設置は経済効果に結びつくだけに、両県の「綱引き」は激しさを増してきた

液化天然ガス(LNG)パイプラインのルート選定をめぐり、京都府と福井県がそれぞれ想定しているルート。受け入れ基地の設置は経済効果に結びつくだけに、両県の「綱引き」は激しさを増してきた【拡大】

  • 京都府の山田啓二知事。調整役や議長役を担う理性的で穏やかな人柄で知られるが、液化天然ガスパイプラインのルート選定をめぐっては、福井県側が示した1枚の地図に強い口調でかみついた

 この出来事によって、パイプラインがつながっていればエネルギー供給の手段を確保できるということになり、パイプライン設営は災害対策としても注目される形となった。

 国も積極関与へ

 ただ、実は日本のLNG政策はこれまで、国の統一見解がなかったという。

 このため、LNG基地やパイプラインの整備では、事業者の利便性が高い太平洋側に集中。日本海側の基地は新潟市などに散見されるのみだった。特に関西では、太平洋側と日本海側を結ぶパイプラインがないことから、震災後、早期整備の必要性がたびたび議論にのぼるようになった。

 国は震災後、初めて策定したエネルギー基本計画の中に、「太平洋側と日本海側の輸送路、天然ガスパイプラインの整備などに向けて、今後、検討を進めていく」と明記。積極的に関与する方針を固めた。

 福井リードも京都猛追?

 新たなLNG基地をどこにつくるのか。京都府と福井県の対決は今のところ、福井県が一歩リードしているようにみえる。

一方、遅れをとっていた京都府も負けてはいない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。