SankeiBiz for mobile

【台風30号比直撃】国連WFPが支援 被災者にまず食べるものを

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの国際

【台風30号比直撃】国連WFPが支援 被災者にまず食べるものを

更新

 フィリピン中部に壊滅的な被害をもたらした台風30号の直撃からまもなく3週間となる。11月27日現在で5200人以上が亡くなり、350万人が家を失った。

 台風に限らず自然災害が発生すると被災者は、その日食べるものすら手に入らない現実に直面する。そんな中、国連の食糧支援機関である「国連世界食糧計画(国連WFP)」は、被災者のために食糧を提供。また、他のNGOなど支援機関の救援物資を代わりに輸送したり、保管するための物流拠点を構築したりするなどの物流支援活動も行っている。

 国連WFPの職員は台風が直撃した翌日の今月(11月)9日、被害調査のため、深刻な被害を受けたフィリピン中部レイテ島の中心都市タクロバンに入った。時々刻々と変化する被害状況を把握しながら、コメと栄養強化ビスケットをフィリピン政府との連携で被災者に届けている。ビスケットはドバイの備蓄倉庫に保管されていたものを取り寄せた。ビタミンとミネラルなどの栄養価が増強された高カロリーのものだ。調理不要で封を開ければすぐに食べられるため、被災者に重宝される。また、コメはフィリピン政府の用意した缶詰などとともに配給物資パッケージとして被災者に届けられた。

 11月17日、タクロバンを訪問したアーサリン・カズン国連WFP事務局長は、避難所となった高校で子供たちに栄養強化ビスケットを自ら配布。「フィリピンの人たちの災害から立ち直ろうとする強い回復力を見ました。生活再建のための支援を求めています」と話した。

 (11月)13日から(11月)24日まで、コメ4040トンとビスケット127トンの計4167トンが送られた。

 ≪命つなぐ 情報と物流のプロ≫

 フィリピンの台風被害を受け、世界中から援助隊が被災地に入った。捜索隊や医療チームの活躍を報道で見た人も多いだろう。

 実は他にも、あまり目立たないがとても重要な役割を担う支援のプロがいる。情報通信技術と物流の専門家たちだ。

 被災地では電話や無線、インターネットなどの通信網が切断された。支援活動を行おうにも、情報伝達の手段すらなければ活動は難しい。緊急支援でまず重要なのが通信網の整備だ。

 そこで、国連WFPは台風直後、被災地に情報通信技術の専門家を派遣した。タクロバンの市庁舎、空港、スタジアムをはじめ、5都市10カ所に通信拠点を設置。アンテナを立てて通信網を整備し、他の支援機関にも提供している。

 また、多くの建物が倒壊した現地では、支援物資が届いても一時保管したり、管理する場所がない。そこで国連WFPでは物流専門家が被災地に入り、可動式の大型テントを設置した。テントといっても過酷な気象条件に耐える大変頑丈なものだ。実はこの大型テントは、東日本大震災の被災地でも活躍。石巻市や陸前高田市、南三陸町など17自治体に計45張を設置した。これは、支援物資の一時保管に使われただけでなく、仮設商店街やボランティアの集会場などとしても利用された。

 今回、セブ島、タクロバンなど5カ所に大型テントを建てて、物流拠点を構築した。同時に、陸・海・空のあらゆる輸送ルートを整備。飛行機や大型貨物船などを調達し、他の支援機関の物資も混載して被災地に物資を続々と届けている。

 国連WFPは11月25日現在、112人の職員をフィリピンに派遣、250万人への食糧支援を行う予定だ。(文:国連WFP日本事務所広報官 保田由布子(やすだ・ゆうこ)/撮影:国連WFP/SANKEI EXPRESS

 【ご協力のお願い】

 国連WFP協会(フリーダイヤル0120・496・819、午前9時~午後6時)では、フィリピン台風被災者への募金を受け付けています。

 ≪ゆうちょ銀行≫

口座番号:00290-8-37418

加入者名:国連WFP協会 ※通信欄に「フィリピン」と記入

 ≪三菱東京UFJ銀行(※手数料無料)≫

店名:本店(店番001)

口座種類・番号:普通預金 0887110

口座名:トクヒ)コクレンWFPキヨウカイ

ランキング