SankeiBiz for mobile

【都知事選】来月9日投開票 首都決戦スタート 16人が立候補

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの政治

【都知事選】来月9日投開票 首都決戦スタート 16人が立候補

更新

都内各所で支持を訴える都知事選に立候補した(左から)宇都宮健児、ドクター・中松、田母神(たもがみ)俊雄、舛添(ますぞえ)要一、細川護煕(もりひろ)の5氏=2014年1月23日  徳洲会(とくしゅうかい)グループから5000万円を受け取った問題で猪瀬直樹前知事(67)が辞職したことに伴う東京都知事選が1月23日告示され、新人16人が立候補を届け出た。国政に直結する原発・エネルギー政策や2020年東京五輪に向けた対応、首都の少子高齢化対策を争点に論戦を繰り広げる。2月9日に投票、即日開票される。

 立候補したのは無所属で前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)=共産、社民推薦、無所属で元厚生労働相の舛添(ますぞえ)要一氏(65)、無所属で元首相の細川護煕(もりひろ)氏(76)の主要政党が支援する3人と、無所属で元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)ら。

 宇都宮氏はJR新宿駅東口での第一声で「弁護士の経験を生かしてみんなが暮らしやすい東京をつくるために挑戦を決意した」と表明した。脱原発や環境に配慮したシンプルな五輪、ブラック企業規制などを掲げる。

 舛添氏はJR新宿駅西口で「災害に打ち勝つ安心安全なまちづくり。史上最高の五輪で世界の皆さんをおもてなしする」と力説。社会保障充実を公約に盛り込み、東京五輪成功や、中長期的に原発に依存しない社会の実現を主張しているが、第一声では原発問題に全く触れなかった。

 細川氏は都庁前で「成長に原発が不可欠との国の姿勢には、危機感を持っている。再稼働をやめて自然エネルギーを活用した社会に踏み出すべきだ」と訴えた。小泉純一郎元首相(72)の支援を受け、「原発ゼロ」を前面に掲げて戦う方針。東日本大震災の被災地と連携した五輪開催を主張する。

 田母神氏は渋谷・ハチ公前で「東京が外国からの投資を呼び込み、景気を良くするには災害に強く美しい町にすることだ」と強調した。

 都知事は石原氏、猪瀬氏と2代続けて任期途中で辞職し、11年4月、12年12月に続き、3年間で3回目の都知事選となる。無所属で発明家のドクター・中松氏(85)も立候補した。

 都選挙管理委員会によると、選挙人名簿登録者数は1月22日現在で1082万567人。

 ≪「勝手連」や自主投票…薄まる政党色≫

 都知事選で各政党は独自候補の擁立を見送り、自民、公明両党は舛添(ますぞえ)氏を、共産、社民両党は宇都宮氏をそれぞれ支援する。他の野党も、細川氏や田母神(たもがみ)氏らを「勝手連」で応援する動きがみられる。ただ、無党派の行方が雌雄を決するとされるため、どの党も前面には出にくい状況にあり、政党の力量の低下を浮き彫りにしている。

 自民党は、都連推薦としていた舛添氏について、党三役や閣僚を投入するなど党本部も支援する。小泉元首相が「原発即時ゼロ」を旗印に細川氏の支援を表明したことを警戒、都本部推薦の公明党と「総力戦」で臨むことにした。

 ただ、舛添氏が「自民党の歴史的使命は終わった」と言い残して離党、除名された経緯があるため、「応援する大義はない」(小泉進次郎内閣府兼復興政務官)という不満はなおくすぶっている。

 党勢回復が進んでいない民主党は、細川氏を都連レベルの推薦にとどめ、「民主党色」を薄めている。

 1月23日の両院議員総会で、細川氏を「組織的勝手連」で応援することを確認したが、「純粋な無所属で戦いたい」との細川氏に配慮。東京1区を地盤とする海江田万里(かいえだ・ばんり)代表が街頭演説に入る予定もない。

 23日の細川氏の第一声でも、荒井聡役員室長や日本(にほん)新党出身で落選中の樽床(たるとこ)伸二前総務相らが駆け付ける程度だった。結(ゆ)いの党と生活の党も細川氏を「勝手連」で支援する。

 日本(にっぽん)維新の会は石原慎太郎共同代表が年明けに田母神氏の「応援団長」を買って出た。応援団には平沼赳夫(たけお)国会議員団代表もおり、旧太陽の党系が目立つ。これに対し、細川氏の元秘書の松野頼久国会議員団幹事長は細川氏支持を表明し、大阪維新の会系に同調を働きかけている。党内は亀裂を生じかねない事態となり、結局、維新は自主投票となった。橋下(はしもと)徹共同代表(大阪市長)は「自民党と小泉氏の対決じゃないか。野党は一歩引いて見ていればよい」と、完全に冷めている。

 みんなの党も自主投票を決めたが、渡辺喜美(よしみ)代表は23日の記者会見で「今の時点で入れろと言われれば、一緒に閣僚をした舛添さんかな」と、あいまいな支援をにじませただけだった。(SANKEI EXPRESS

 【東京都知事選】(届け出順)

ひめじけんじ  61 建物管理業  無新

宇都宮 健   67 元日弁連会長 無新[共][社]

ドクター・中松 85 発明家    無新

田母神 俊雄  65 元航空幕僚長 無新

鈴木  達夫  73 弁護士    無新

中川  智晴  55 1級建築士  無新

舛添  要一  65 元厚労相   無新

細川  護煕  76 元首相    無新

マック赤坂   65 政治団体代表 諸新

家入  一真  35 起業家    無新

内藤  久遠  57 元派遣社員  無新

金子  博   84 元ホテル経営 無新

五十嵐 政一  82 社団法人役員 無新

酒向  英一  64 元瀬戸市職員 無新

松山  親憲  72 元高校教諭  無新

根上  隆   64 元中野区職員 無新

 ※年齢は投票日現在の満年齢。四角囲み文字は推薦政党

ランキング