SankeiBiz for mobile

【都知事選】政策論争置き去り 「遅すぎる!」

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの政治

【都知事選】政策論争置き去り 「遅すぎる!」

更新

都庁の近く設置された東京都知事選のポスター掲示板=2014年1月17日、東京都新宿区(松本健吾撮影)  ≪細川氏、告示前日に公約発表会見≫

 東京都知事選(1月23日告示、2月9日投開票)に立候補する細川護煕(もりひろ)元首相(76)の陣営は1月18日、公約発表の記者会見を22日夕に開くと明らかにした。会見は延び延びになっており、告示前日までずれ込むのは異例だ。候補者討論会も中止になり、他陣営は「早く公約を発表するべきだ」と批判する。

 「遅いですね」。細川氏の会見日程を聞いた舛添(ますぞえ)要一元厚生労働相(65)は18日、あきれた様子を見せ「早く有権者の前で政策の競争をやった方がいい」と述べた。

 前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)も「現在まで公開討論が開かれていないのは異常な事態」と語り、政策論争を呼び掛けたいとした。

 細川氏は当初、(1月)15日に立候補と公約を正式発表する予定だったが17日に延期。さらに「公約などの準備が整っていない」と20日以降に延期した。細川氏は(1月)14日に小泉純一郎元首相と会談し、約5分間の囲み取材で出馬を表明した後は公の場に姿を見せていない。

 会見が告示前日となることに陣営は「本人が政策を研究しているためだ」と説明する。前面に掲げる脱原発だけでなく、五輪や防災など都政に関わる政策も検討しているといい「他陣営に手の内を見せないため、できる限り発表を遅らせた方が有利になる」(陣営関係者)との声もある。

 東京青年会議所は18日午後に開催予定だった公開討論会を中止した。参加者が宇都宮氏しかいなかったためだ。

 当初の(1月)14日開催を延期して参加要請を続けたが、細川氏側は「都合がつかない」と欠席を連絡。舛添氏も「候補がそろわないと不公平」と参加を見合わせた。

 元三重県知事の北川正恭(まさやす)・早稲田大大学院教授は「細川氏は政策をまとめるのに時間がかかり立ち遅れているのだろうが、早く出して論争してほしい。政策を戦わせる選挙にしないといけない」と話している。

 都知事選には元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)、発明家のドクター・中松氏(85)=本名・中松義郎=らも立候補する。

 ≪小泉氏助っ人に危機感 自民「3点セット」で批判≫

 2月の東京都知事選に向け、自民党が対立候補の細川護煕(もりひろ)元首相に対する攻撃を激化させた。2020年東京五輪の返上発言や脱原発の妥当性、佐川急便からの借金問題の「3点セット」に照準を合わせて批判。ネガティブキャンペーンの背景には、発信力のある小泉純一郎元首相が細川氏の助っ人に回った危機感がある。

 「知事には責任を持って五輪を迎えてもらわなければいけない。舛添(ますぞえ)要一元厚生労働相がふさわしいと確信している」。1月18日、自民党本部での全国幹事長会議。安倍晋三首相は五輪に触れ、自民、公明両党が推す舛添氏への支援を求めた。

 脱原発を掲げる細川氏は、ジャーナリストの池上彰氏が昨年(2013年)出版した著書のインタビューで五輪について「『原発問題があるから辞退する』と言ったら世界の評価は格段に違った」と表明。自民党は「五輪に消極的な知事は『東京の顔』に不適格だ」(都連幹部)と攻勢を強める。

 五輪の大会組織委員会会長に就任する森喜朗(よしろう)元首相は18日の民放番組で「五輪には電気が必要だ。今から『原発ゼロ』となれば五輪を返上するしかなく、世界に迷惑を掛ける」と、脱原発を掲げる細川氏に五輪を絡めて「ダメ出し」した。

 脱原発の実現可能性にも疑問を投げ掛ける。小泉氏は「東京が原発なしでやっていける姿を見せれば必ず国を変えることができる」と意気盛んだが、東京都は東京電力の株式を1.2%(2013年9月末時点)保有するにすぎない。

 自民党幹部は「原発のない東京の知事に何ができるのか」と訴え、流れを引き寄せたい考えだ。共産、社民両党が推薦する宇都宮健児・前日弁連会長が脱原発の急先鋒であることから、票の分散にも期待を寄せる。

 細川氏が首相を退陣する引き金となった佐川急便からの借金問題にも矛先を向ける。ただ、いまだに人気の衰えない小泉氏への攻撃には及び腰だ。自民党選対幹部は「小泉氏を攻撃すると世論の反発を招きかねない。選挙戦の状況を見ながら考える」として、慎重に戦略を練る。(SANKEI EXPRESS

 【主な立候補予定者の出馬表明と公約発表】

 ■立候補予定者 宇都宮健児・前日弁連会長(出馬表明:2013年12月28日、正式会見:2014年1月6日)

(主な公約)原発のない社会、安倍政権の暴走ストップ

 ■立候補予定者 田母神(たもがみ)俊雄・元航空幕僚長(出馬表明:2014年1月7日、正式会見:2014年1月7日)

(主な公約)首都直下地震対策、ネットで講義が受けられる国際大学の設置

 ■立候補予定者 舛添(ますぞえ)要一・元厚生労働相(出馬表明:2014年1月8日、正式会見:2014年1月14日)

(主な公約)五輪成功と防災対策の強化、社会保障の充実

 ■立候補予定者 細川護煕(もりひろ)・元首相(出馬表明:2014年1月14日、正式会見:2014年1月22日(予定))

(主な公約)脱原発(出馬表明時)

ランキング