SankeiBiz for mobile

【都知事選】2強対決 舛添氏「広範な議論を」

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの政治

【都知事選】2強対決 舛添氏「広範な議論を」

更新

東京都知事選への出馬を正式に表明する舛添(ますぞえ)要一元厚生労働相(左)=2014年1月14日、東京都新宿区の東京都庁(寺河内美奈撮影)  細川護煕(もりひろ)元首相が都知事選への立候補を表明したことで、選挙戦は事実上、舛添(ますぞえ)要一元厚生労働相と細川氏による「2強対決」の構図となった。自民、公明両党の支援を受けて都政の安定を訴える舛添氏に対し、細川氏は「原発ゼロ」を掲げる小泉純一郎元首相とタッグを組んで一点突破を目指す。人気の高い小泉氏の“参戦”で原発政策の是非に注目が集まりつつあり、2020年東京五輪に向けた態勢づくりや少子高齢化、防災対策などはかすむ可能性も出てきた。

 花火は打ち上げない

 「都知事選は、原発ゼロで日本は発展できるというグループと、原発なくして発展できないというグループとの争いだ」

 小泉氏は1月14日、細川氏との会談で細川氏支援を快諾すると、記者団にこう宣言した。争点を絞って敵と味方を峻別(しゅんべつ)し、一点突破で戦うのは郵政民営化で展開した“小泉劇場”の再来ともいえる。

 そのため、政府や自民党からは選挙戦が小泉氏のペースで展開しないよう早くも牽制(けんせい)する声が上がった。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は14日の記者会見で、細川氏と小泉氏が都知事選の争点に「脱原発」を掲げることについて「原発政策は設置自治体を含めて国家全体として取り組むべき問題であって、東京都だけで決める政策課題ではない」と指摘。甘利明(あまり・あきら)経済再生担当相も「オールジャパンで考えるべきで、地方選の争点にはならない」と強調した。自民党の石破(いしば)茂幹事長は党本部で記者団に「争点は1つに絞るものではない。多岐にわたる課題に誰が的確に応えるかを都民が選ぶ選挙だ」と語った。

 ただ、自民党都連の推薦と公明党都本部の支援を受ける舛添氏は危機感を募らせており、この日の出馬会見で「私は打ち上げ花火で人をひき付けるような手法はとりたくない」と反論。選挙戦では東京五輪の成功に向けた態勢づくりや社会保障、経済再生など諸課題を広範に議論すべきだとの考えを提起した。

 猪瀬直樹前都知事が「政治とカネ」をめぐる問題で辞任したため、細川氏が首相辞任に至った東京佐川問題の経緯なども反撃材料として取り上げる方針だ。

 「一本化」が一人歩き

 同じ脱原発を掲げる元日弁連会長の宇都宮健児氏の陣営も埋没してしまうことへの危機感が強い。宇都宮氏は14日、細川氏の出馬表明を受けて緊急記者会見を開き、「細川氏は9カ月で首相を辞め、当時の政府は原発を推進した。公開討論で政策論争をしたい」と牽制。脱原発を訴える候補者の一本化を求める声に対しては「本当に脱原発を貫ける人か見極めができていない間に『一本化』が一人歩きしている」と否定した。

 一方、細川氏の立候補について「以前から名前が挙がっていただけに、驚きはない」と冷静に受け止めているのは、元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏の陣営だ。

 田母神氏は首都直下地震を念頭に自衛隊を中心とした防災体制の強化を打ち出しており、原発問題について「十分な安全を科学的に検討し原発を使えばよい」と語るなど、取りたてて争点化しない意向だ。

 ≪「五輪成功へ全力」≫

 舛添(ますぞえ)要一元厚生労働相はこの日の会見で、細川護煕(もりひろ)元首相の出馬を「どなたが立候補しても大歓迎」とする一方、原発政策について問われ「私も脱原発ということを言い続けている。一日も早く原発に依存しない社会をつくっていくべきだ」と述べた。争点化をかわす狙いもあるとみられる。

 舛添氏は「2020年東京五輪を何としても成功させたい。五輪という大きな目標があれば全力で東京を改造することができる」と力説。五輪成功のほか防災対策の強化と社会保障の充実も公約として挙げた。社会保障に関しては「政治の原点は母の介護。厚労相としての経験からも深刻に考えている」と話した。

 「政策を中心に正々堂々と戦って、有権者の信を問いたい」と選挙戦の抱負を語り、政策実現に向けては「都知事1人でできる話ではない。オール東京でやって初めて成果が生まれる」などと述べ、都議会との連携の重要性を何度も強調した。

 会見に先立ち、都議会で公明党都議団らと意見交換した。公明党は支援する方針。自民党も既に支援を決めている。

 舛添氏は1999年の都知事選に出馬し落選したが、2001年の参院選で自民党候補として当選。07~09年に厚労相を務めた。10年に離党し、自民党から除名された。(SANKEI EXPRESS

ランキング