SankeiBiz for mobile

東日本大震災から2年11カ月 地区分断 賠償格差生む「見えぬ線」

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの社会

東日本大震災から2年11カ月 地区分断 賠償格差生む「見えぬ線」

更新

東日本大震災から2年11カ月。宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区では犠牲者を悼み、手を合わせる人の姿が見られた=2014年2月11日午前、宮城県名取市(鴨川一也撮影)  東日本大震災の発生から2月11日で2年11カ月がたった。来月の3年の節目まであと1カ月。東京電力福島第1原発事故の影響で約14万人が避難を続ける福島では、多すぎる課題を抱えたままだ。

 「ここで変わる」

 山あいの集落を通る国道に、一本の「見えない線」が引かれていた。福島県田村市内にある東京電力福島第1原発から20キロの地点。集落の区長を務める農業、吉田修一さん(58)は「ここを境に賠償の内容が変わるんです」とアスファルトの路面を指さした。

 集落の原発20キロ圏は「避難指示解除準備区域」に指定されているが、その外側を囲む20~30キロ圏の住民の中には「20キロ圏の人とは会話をする機会が減った」と漏らす人もいる。避難指示区域は財物や精神的損害への賠償が続いているのに、20~30キロ圏の住民は財物賠償は対象外、その他の賠償も2012年に打ち切られた。住民の心にわずかなひずみが生まれたのか。

 20~30キロ圏の50世帯ほどのうち家族全員が帰宅した家は1割程度。残りは20キロ圏と同様、放射線量への不安から避難を続けている。吉田さんは「避難先の家賃など負担が大きいのに、賠償は打ち切られ、生活は本当に厳しい」と話す。市へ格差の是正を求めているが、担当者は「重く受け止めます」「検討します」と繰り返すだけという。

 「今までは気心が知れた地区の人間同士でいがみ合うことはなかった。賠償で地区が分断され、つらい」

 移住者の方が高額?

 見えない線は、放射線量によって引かれたものもある。原発20キロ圏などの避難指示区域は、線量に応じて3つの区域に分けられ、8万人余りが避難している。

 避難が長期化する中、政府は昨年(2013年)末、それまで掲げてきた「全員帰還」の原則を断念した。その直後に決まった国の新たな賠償指針は、戻る見通しの立たない「帰還困難区域」の2万5000人を対象に「故郷喪失慰謝料」を1人700万円、一括で支払うことにした。地価の高い都市部で家を買い直す費用も上乗せした。

 一方で、帰還を望む人よりも、新天地へ移住する人のほうが賠償額が高くなるとの指摘もある。賠償格差が広がると、戻るのを断念する人が出てくるのではないかと危惧する声もある。

 「150%支援を」

 2004年の新潟県中越地震。被災した集落のその後を追った研究がある。宮城県出身の会社員、青砥穂高さん(33)が筑波大学大学院時代にまとめた。

 2つの集落が住宅再建に当たり、東日本大震災の高台移転でも使われている国の「防災集団移転促進事業」という制度を使った結果を比べた。集団移転先が集落の外だった場合は多くの人が集落を離れ、集落内に移転地を定めた場合は大半の人が集落に残った。青砥さんは「今回は津波と放射性物質が立ちはだかり、中越地震とは比べられない。だが一般的に、人々が故郷へ戻る、戻らないという選択を、国の制度や政策が誘導している側面があるのではないか」と話す。

 浪江町から避難し、二本松市の仮設住宅で暮らす種苗店主、佐藤秀三さん(68)は「移住する人には100%の賠償が必要だが、帰還する人には150%の支援をしてほしい。移住する人と同じでは、帰る人などいない」と訴える。

 「都市部へ移住する人には雇用もあるだろうが、戻る人はインフラも雇用もマイナスからの出発となる。われわれは単に故郷で余生を過ごしたくて帰るのではない。故郷を復興させたい。そして、あとに若い世代が続いてほしい」

 ≪遺族ら追悼「何回来ても思い出す」≫

 東日本大震災から2年11カ月を迎えた2月11日、被災地では、犠牲となった家族の冥福を祈る遺族らの姿が見られた。津波で大きな被害に遭った宮城県気仙沼市では、気仙沼署や全国各地から集まったボランティアが行方不明者を捜索した。

 仙台市宮城野区の照徳寺には積もった雪をかき分け、多くの遺族が訪れた。海岸から約1.3キロのこの寺も津波で被災。入り口近くには、地区で亡くなった住民の名前が刻まれた慰霊碑が立つ。

 仙台市太白区の無職、壱岐文治さん(76)は、長女の和恵さん=当時(43)=を失った。墓に花を供え、「もうすぐ3年だが、あの時のぼうぜんとした気持ちは今も変わらない」とつぶやいた。

 義理の娘の両親が亡くなったという宮城県名取市の無職、相沢勝憲さん(70)と妻の節子さん(67)。節子さんは「震災はできるだけ思い出したくないが、せめて墓参りだけはと思い、毎月来ている」と冥福を祈っていた。

 一帯が津波で壊滅した気仙沼市波路上杉ノ下にある慰霊碑では、熊谷孝一さん(84)と妻のシゲ子さん(82)が手を合わせていた。シゲ子さんのめいが犠牲となり、兄の三浦深雄さん=当時(82)=は行方不明のままだ。孝一さんは「何回来ても2人を思い出しちゃうんだよな」と涙をぬぐい、深雄さんが好きだったというあめ玉を供えた。

 気仙沼市での捜索は2カ所で実施。市中心部を流れる大川の河川敷では約30人が熊手で地表を掘り起こして手掛かりを捜し、登米沢海岸では約80人が石を取り除きながら捜索した。

 東京都清瀬市からボランティアで来た大学生の大金真美さん(21)は「震災からもうすぐ3年がたつのに、行方不明の方が多くいる。帰りを待つ家族の力になりたいと思って参加した」と話した。

 気仙沼署によると、市内では住民234人の行方が分かっていない。(SANKEI EXPRESS (動画))

ランキング