SankeiBiz for mobile

【モーグル】東北にメダルを 雪辱誓う 遠藤まさかの15位

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSのスポーツ

【モーグル】東北にメダルを 雪辱誓う 遠藤まさかの15位

更新

2014年ソチ冬季五輪会場。競技は、ロシア・ソチの市街地から約40キロ南東にある黒海沿岸の「アドレル」と、アドレルから約45キロ離れた山岳地域の会場「クラースナヤ・パリャーナ」の2カ所で実施。(C)Google  ソチ冬季五輪第4日の2月10日行われたフリースタイルスキー男子モーグルで、メダル争いが期待された23歳、遠藤尚(しょう、忍(しのぶ)建設)は、20人で争った決勝1回目で12位以内に入れず、2回目に進めなかった。21.73点で最終順位は15位。6人による最終の3回目で、前回バンクーバー五輪王者のアレクサンドル・ビロドー(カナダ)が26.31点をマークして制し、2連覇を達成した。遠藤は11日に発生から2年11カ月を迎えた東日本大震災の被災地、福島県で育ち、所属する宮城県の建設会社で復興の仕事にも従事した。「東北は震災に負けていないことを世界に見せたい」と、メダルに挑んだが、思いは果たせず4年後の雪辱を誓った。

 大技敢行も失敗「悔しい」

 力なく広げた両手が、どれだけ不本意な滑りだったかを表していた。遠藤は得点掲示を見届けると天を仰いだ。バンクーバーで7位となり、金メダルをつかむつもりで臨んだが、まさかの決勝1回目敗退。

 完璧なエアと安定したターンで4位通過した予選1回目とは別人のようだった。スタート直後にターンが乱れ、第2エアの手前では体勢を崩した。そのまま踏み切り、最高難度の軸をずらしながら3回転する「コークスクリュー1080」を敢行。着地が左方向に流れ、滑る位置がずれて大きく減点された。とっさに難易度の低い技に変える選択肢もあったが、こだわってきた大技と“心中”する結果となった。

 「残念なレース。悔しいし情けない」。観客席で最終3回目を呆然(ほうぜん)と眺めた後、やっと取材に答えた。それでも、バンクーバー後の4年間は、「一切手を抜いたつもりはなかった」と、胸を張れる。筋トレでバランスを崩しても持ち直せる体幹の強さをつくった。最高難度のエアも取得し手応えをつかんで臨んだが、味わったのは五輪の厳しさだった。

 平昌で「借り返したい」

 千葉県船橋市で生まれた遠藤は、家族でペンション経営をするため福島県猪苗代町に移った。小学生のときに母の由喜子さん(55)に勧められてモーグルのジュニアチームに入る。「猪苗代はモーグルに出会って強くしてくれた場所」と、郷土への思いは強い。

 震災で、実家のペンションは一部にひびが入る程度の被害だったが、東京電力福島第1原発事故の風評被害で客足が遠のいた。「まだ続いている」と、由喜子さん。

 福島県浪江町の避難所となり、被災者を受け入れた時期もあった。遠藤自身も一時は練習を中断し、所属する宮城県名取市の忍建設で、建物の解体作業など復興事業に携わった。

 昨秋(2013年)、東北に本拠地を置くプロ野球の楽天が日本一に輝いたのを目の当たりにした。「こういう貢献もできるんだ」と、競技を通じて東北に元気を届けようと思うようになった。

 「何で俺はここにいるんだろう。この気持ちを忘れたくない」と、観客席でメダルを争う6人の滑りを目に焼き付けた。4年後の五輪の舞台は韓国・平昌。「自分が甘かった。次にこの借りは返したい」と、雪辱を誓った。(SANKEI EXPRESS (動画))

ランキング