SankeiBiz for mobile

【大雪】首都圏 交通乱れ受験直撃 13年ぶり「警報」 スリップ事故や転倒相次ぐ

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの社会

【大雪】首都圏 交通乱れ受験直撃 13年ぶり「警報」 スリップ事故や転倒相次ぐ

更新

 日本の南海上を急速に発達しながら北東に進む低気圧の影響で2月8日、西日本から東日本の広い範囲で雪が降り、東京都心(大手町)では午後3時現在で1998年以来16年ぶりとなる10センチの積雪を観測した。気象庁は9日朝までにさらに都心で20センチの雪が降ると予想。島嶼(とうしょ)部を除く全域に大雪警報を発令した。東京23区では2001年以来、13年ぶり。

 ほかに横浜市で9センチ、埼玉県熊谷市で11センチ、千葉市で9センチと雪が積もり、神奈川、埼玉両県の全域や千葉県と静岡県の一部などに大雪警報を発表した。横浜市や川崎市などには暴風雪警報も出た。

 各地では車のスリップ事故や人の転倒によるけが人も相次いだ。関東の1都6県では少なくとも、東京21人▽神奈川28人▽埼玉42人▽千葉14人▽茨城21人▽栃木12人▽群馬1人-計139人に上った。最も多かった埼玉県では川口市の男性(64)と久喜市の男性(86)が8日朝、路上や庭先で、雪のために転び脚などを骨折した。

 空の便は羽田発着便を中心に影響し、日航は8日正午以降の羽田発着便、全日空は午後3時以降の羽田発便の欠航を決めた。このため、羽田空港では払い戻しを求める長蛇の列ができた。

 鉄道では東海道・山陽新幹線に大幅な遅れが出たほか、高速道も通行止めが相次いだ。都内の私立大では入学試験の開始時間を遅らせる大学もあった。都内では、東京スカイツリーが午前11時から営業を中止。東京競馬場のレースも中止となった。

 気象庁によると、都心では朝、今季最低の氷点下0.9度を観測。関東各地は日中も氷点下の厳しい冷え込みとなった。低気圧は本州の南を北東に進み、9日は三陸沖を北上する見込み。東北地方の太平洋側を中心に大雪になり、東日本大震災の被災地では11年3月以来、最大の降雪になる可能性もある。9日朝までの24時間予想降雪量は多い所で東北、関東甲信50センチ。東北と関東甲信の最大瞬間風速は陸上30~35メートルと予想され、波の高さは6~8メートルの大しけとなる。

 ≪大陸からの寒気に「南岸低気圧」接近≫

 東京都心に13年ぶりの警報が発令された大雪は、日本列島に大陸からの寒気が入り込み、本州の南海上を北東へ進む「南岸低気圧」が接近したことでもたらされた。

 冬場から春先にかけて本州の南側を通る南岸低気圧は、降水とともに北からの寒気を呼び込んで関東地方などに雪を降らせる。今回は南岸低気圧が接近する前の2月4日ごろから北からの寒気が入り込み、雨が雪に変わる上空約1500メートルの氷点下3度のラインが南下していた。その状況下、南岸低気圧が列島に接近したため、関東地方では8日の降り始めから雪となり、降雪量が多くなった。

 一方、東北では9日にかけて降雪が続く。9日午後6時までの24時間降雪量は東北太平洋側の平地で北部40センチ、南部30センチを予想。仙台市では昨年(2013年)1月に観測した20センチの積雪を超えて被災以来最大になる可能性もあり、気象庁は警戒を呼びかけている。

 ≪飛行機欠航 「仕方ない…都内に泊まる」≫

 大雪に見舞われた東京は交通網が混乱した。欠航した飛行機の乗客の中には都内で一晩を過ごすことを決めた人も。「明日電車で地道に帰る。仕方ない」「これ以上降ったら…」。雪が降り続く予報に警戒感を強めた。

 JRや私鉄が乗り入れ、日本で最も乗降客が多い新宿駅周辺。就職活動中という東京都三鷹市の中央大3年、豊田岳さん(21)は電車の遅れに備え、いつもより1時間以上早く家を出た。「意外に早く着いたが、これ以上降ったら嫌になる」

 羽田空港では払い戻しを求める長蛇の列ができた。2月7日から出張中で8日午後の島根県出雲市に帰る予定だった団体職員、星野理絵さん(38)は「飛行機は欠航になり、電車も止まっているようだ。今日は都内の寮に泊まり、明日電車で地道に帰る。仕方ない」とあきらめた様子。

 観光客が多い東京スカイツリー(東京都墨田区)では、運営会社社員らが約130人態勢で8日午前7時から塔の雪落としをしたが、展望台の営業は3時間で中止に。塔下の広場は落雪や転倒防止のため立ち入り禁止にした。

 一方、私立大学の入学試験に臨む受験生たちは、手袋やマフラーに身を包み、緊張した表情。東京・目白の学習院大は試験開始を40分遅らせたが、東京都中野区の高校3年、生田淳史さん(18)は「勉強時間が増えると考えればいいこと。いつも通りやるだけ」と意気込んだ。(SANKEI EXPRESS (動画))

ランキング