【クルマ人】EVに絶好!高地駆け上がるヒルクライム 三菱自の増岡氏参戦 (1/3ページ)

2012.4.8 07:00

 毎年7月に米コロラド州で開催される「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に、三菱自動車がEVで初出場する。米インディ500に次ぐ世界で2番目の歴史を持つ伝統のレース。パリ・ダカール(パリダカ)ラリーで2002、03年に総合優勝を果たした商品戦略本部の増岡浩・上級エキスパートがハンドルを握る。プロジェクトを中心になって進める増岡氏に参戦の狙いなどを聞いた。

 --三菱自としては、2009年にダカールラリーから撤退して以来、3年ぶりの国際レースとなるが

 「パリダカなどでの実績を考えると、ラリーのDNAを残すためにも、何らかのレース活動が必要だと私自身も考えていたし、多くの社員にもその思いがあった。(益子修)社長も、三菱の今後の中心事業となるEVやプラグインハイブリッド車(PHV)のPRを考えてほしいと言われていた」

 --なぜパイクスピークを選んだのか

 「パイクスピークは、標高2862メートルから4301メートルの山頂までの20キロを一気に駆け上がるレースだ。ほとんどが富士山山頂よりも高い空気の薄い場所を走る。そのため、ガソリンエンジン車では、うまく燃焼できず、パワーが相当落ちる。3割ぐらいにダウンするともいわれている。その点、モーター駆動のEVには、有利だ。ガソリン車が山頂に近づけば近づくほどパワーが落ちるのに対して、EVならスタートからゴールまで同じパワーで走れる。性能をアピールするには絶好のレースだ。コーナーが150以上あり、直線のスピードよりも、コーナーの立ち上がりの加速が重要という点でもEV向きだ。EVは、1回の充電での走行距離が制限されるので、20キロという距離はちょうどよい」

  • 【クルマ人】フル充電で351キロ、技術積み重ねで達成 シムドライブ清水社長
  • 【クルマ人】F1エンジン開発者が挑んだ軽「N BOX」 ホンダの浅木氏

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

フィリピン人講師とスカイプを使って、1対1のオンライン英会話レッスン。毎日受講しても月5000円です。

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!