NTT光回線“減速” スマホ・タブレットで「固定」持たぬユーザー増加 (1/4ページ)

2012.8.25 05:00

NTT東西の光回線契約数と純増数

NTT東西の光回線契約数と純増数【拡大】

 光回線サービスで圧倒的なシェアを持つNTTの契約純増数の伸びに急ブレーキがかかってきた。スマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット端末の急速な普及に伴い、固定回線を持たないユーザーが増えているためだ。さらに、KDDIが固定と携帯を連携させた割引サービスで攻勢をかける。NTTが優位に進めてきた、各家庭への光回線敷設(FTTH)をめぐる「ラストワンマイル競争」は、“最終章”を迎えた。

 市場全体が失速

 「光回線の普及率は約40%まで上昇した。純増ペースは緩やかになっており、販売面は正念場を迎えている」。NTT東日本の山村雅之社長は、今年6月に開いた社長就任の記者会見で、光回線サービス事業の先行きに危機感を示した。

 NTT東日本とNTT西日本を合わせた光回線契約数の純増数(四半期ベース)の推移を見ると、全盛期と比べた伸びの勢いは明らかに減速している。調査会社のMM総研(東京)によると、2012年3月末のNTT東西合計の光回線契約数のシェアは74.4%と他社を圧倒しており、「NTTの契約増が鈍化し始めたことは、市場全体が失速していることを示す」(業界関係者)。

光回線も契約すると、パソコンの代金を大幅に割り引く販売手法がもう通用しない?

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!