LTE表示に総務省が統一基準 業界側は躊躇ムード…なぜ? (1/4ページ)

2013.6.22 08:00

LTE対応のスマートフォンの普及予測

LTE対応のスマートフォンの普及予測【拡大】

 急速な普及が予想されるスマートフォン(高機能携帯電話)の高速通信規格「LTE」をめぐり、総務省が通信速度やカバーエリアの統一的な算定・表示基準の策定に乗り出した。

 現状では算出方法が異なる独自の基準で各社がアピール合戦を繰り広げており、消費者の混乱を招いているとの批判は強い。同省は早ければ2014年度にも統一基準を導入して各社に対応を促したい考えだが、業界側には実効性に疑問を投げかける声もあり、官民の足並みがそろうかどうか不透明さも残る。

 ルールなき広告合戦

 「広告表示の社内承認プロセスを厳格化し、より一層分かりやすい表示に努めたい」。KDDI(au)が東京都内で19日開いた株主総会で、両角寛文副社長は株主に陳謝した。LTEのカバーエリアを過大表示したとして、5月21日に消費者庁から景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を受けたからだ。

 同社は昨秋以降、「LTEの人口カバー率は2013年3月時点で96%に達する」と宣伝。米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)5」も対象に含んでいるとしたが、実際にはアイフォーン5を除いた機種のカバー率が96%で、アイフォーン5は3月末時点でわずか14%にすぎなかった。

ソフトバンクモバイルが展開の比較広告も物議

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!