「クロームブック」でMSの牙城崩す 教育機関や企業に導入機運 (1/2ページ)

2014.3.8 08:11

 「クロームブック」は東芝のほか、他メーカーも国内での投入を検討している。グーグルは低価格や手軽さを武器に、これまでパソコンOSでシェア9割を握り、市場に君臨してきた米マイクロソフト(MS)の牙城を切り崩そうとしている。

 東芝は2月から北米でクロームブックの販売を始めた。担当者は「教育用途の需要が大きい」と話す。教師がオンラインで教材・テストを作り、学生がそれを閲覧・解答するカリキュラムを導入する教育機関が増えているという。

 米調査会社のNPDによると、2013年の米国市場の法人向けパソコン(タブレット端末など含む)の売り上げ台数で、クロームブックのシェアは、前年の0.2%から8.2%に急上昇。ノート型に限れば、20%のシェアを占めた。

 当初は韓国のサムスン電子など新興国勢が中心だったが、昨年から米ヒューレット・パッカード(HP)なども発売。今年から東芝のほか、米デルも投入している。

 パソコンOSはこれまでMSの「ウィンドウズ」の独壇場だった。多くの利用者がビジネスでウィンドウズ上で動く「エクセル」などMSのソフトを使用し、他のOSが食い込むのは難しかったからだ。

米デルも「市場環境を見極めている」と日本発売を検討

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。