任天堂、海外のWiiU不振深刻 値下げ断行「逆ざや」の悪循環 (1/2ページ)

2014.5.8 06:44

記者会見で発言する任天堂の岩田聡社長(右)=7日午後、大阪市中央区

記者会見で発言する任天堂の岩田聡社長(右)=7日午後、大阪市中央区【拡大】

 3期連続の営業赤字を発表し、苦境が鮮明となった任天堂。海外売上高比率が7割を占めるため、円安で収支改善するとみられたが、海外でのWiiU不振は深刻で赤字幅は前期を上回った。

 2015年3月期の黒字化に向けWiiUの立て直しが急務だが、海外では昨年値下げを断行し、売るごとに赤字が膨らむ「逆ざや」の悪循環となっている。

 「最大のゲーム市場の米国で人気ジャンルにソフトが出せていない」。岩田聡社長は会見で海外の不振をこう説明した。

 米国では銃などを撃ち合うゲームが人気だが、家族向けのゲームを得意とする任天堂はこのジャンルのゲームがほとんどない。一方、海外で販売好調なライバル、ソニーの据え置き型ゲーム機「プレイステーション4」にはこのジャンルのゲームが豊富にそろう。

岩田社長「他社のまねでない任天堂らしいゲームで勝負する」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。