シャープが省電力の次世代液晶パネル スマホ向けに売り込み 17年から量産 (1/2ページ)

2014.9.13 06:39

強い光の下でも見やすいシャープの新型パネル「MEMS(メムス)ディスプレー」(右)と従来の液晶パネル

強い光の下でも見やすいシャープの新型パネル「MEMS(メムス)ディスプレー」(右)と従来の液晶パネル【拡大】

 シャープは12日、資本提携先の米半導体大手クアルコムの子会社ピクストロニクスと共同開発している最新の液晶ディスプレー「MEMS-IGZO(メムス-イグゾー)」の試作機を公開した。これまでより大幅に消費電力を抑え、高温や低温でも画像を表示できる。2015年からサンプル出荷し、17年に量産を開始する。

 両社が開発した液晶ディスプレーは、1秒間に1000回超の開閉ができるMEMSシャッターを採用。カラーフィルターや偏光板を使用しないため、これまでより光学効率が2~3倍高い。このためバックライトの消費電力を大幅に低減できる。

 このディスプレーがスマートフォン(高機能携帯電話)に採用されると、電池の長持ちにも貢献でき、充電回数を減らすことができるという。

 また光を直接届ける構造となっているため、画面に鮮明な色彩を表現できる。高温や低温、直射日光の下でも画像をはっきりと表示できるなど環境耐性が強いのも特徴だ。

受注が増えた段階で、亀山工場や三重工場での量産も検討

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。