GSユアサ電池に「熱暴走」の欠陥 B787出火で米当局が最終報告書 (1/2ページ)

2014.12.3 06:50

バッテリーから出火した日本航空のボーイング787=2013年1月7日、米ボストン(AP)

バッテリーから出火した日本航空のボーイング787=2013年1月7日、米ボストン(AP)【拡大】

  • 高松空港に緊急着陸した全日空(ANA)のボーイング787機

 米運輸安全委員会(NTSB)は1日、米ボストンの国際空港で昨年1月に起きた日本航空の中型機ボーイング787のバッテリーから出火したトラブルに関する最終報告書を発表した。日本のジーエス・ユアサコーポレーションの子会社、GSユアサ(京都市南区)が製造したリチウムイオン電池の設計とボーイングなどによる認証検査に問題があったとしている。

 報告書によると、GSユアサのバッテリーは8つのリチウムイオン電池のうち1つが内部でショートして異常な高温になった場合、他の電池も連鎖的に異常な高温となる「熱暴走」を起こす欠陥があったと指摘した。

 また、バッテリーには新しい技術が用いられていたため、既存の規制では安全性が十分に担保できていなかった。このため米連邦航空局(FAA)はボーイングにバッテリーの安全性を示すよう求めたが、ボーイングは熱暴走の可能性を考慮せず、十分な検証が行われなかったと批判した。

安全性の検証やエンジニアへの訓練の改善などを勧告

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。