エコエナジー、エネコスト削減は利益の源泉 省エネコンサル (1/3ページ)

2015.6.30 06:15

顧客企業の省エネ担当者からヒアリングする伊藤代表(右)

顧客企業の省エネ担当者からヒアリングする伊藤代表(右)【拡大】

 2011年度は前年度の44.5%、12年度は同82.2%、13年度も同82.2%-。病院・介護施設向け給食会社大手、日清医療食品のホームページに、こんな数字がアップされている。省エネ効率を表す「エネルギー使用原単位」の前年度比率だ。同社全事業所が1年間に使ったエネルギー使用量を、1年間の工場での製造食数で割った原単位の推移を示している。11年度は10年度の44.5%と半分以下、3年で3分の1以下に激減した。

 同社広報課の神戸修氏は「給食容器や調理器具の乾燥機は、電力使用量が多く、その使用回数を40%程度減らしたことなどが効果を上げた」と説明する。改善提案したのは、エコエナジーの伊藤智教代表。「原単位の劇的な改善は、大幅な電気代の削減、収益改善につながる」と力説する。

 同社の省エネコンサルは、(1)省エネによる利益の創出(コスト削減)(2)二酸化炭素(CO2)の排出削減(3)法定義務の履行-。その手法は、電気など顧客のエネルギー使用量を、機材を使いリアルタイムで把握、問題点を抽出し、消費電力の多い空調や設備機器の運転方法の改善など、細かな対策を積み上げていくものだ。

過剰なエネルギーを使っているところが多く、これを減らすことで…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。