トヨタが家族手当を見直しへ 配偶者=廃止、子供=4倍増に

2015.7.7 11:37

 トヨタ自動車が「家族手当」を見直し、月約2万円の配偶者への手当てを廃止する一方、子ども1人あたりの手当てを現在の約4倍の2万円に増額する方向で労働組合と協議していることが7日、わかった。会社側は来年以降、段階的に実施したい考え。子育て支援や女性の就業促進に力を入れる政府と足並みをそろえる格好だ。

 トヨタは現在、家族手当として、社員の妻(夫)らが働いていない場合や年収103万円以下の場合に月1万9500円を支給、さらに子ども1人あたり原則5千円を支給している。

 新制度に移行した場合、社員の妻が専業主婦で子ども2人の家庭は支給額は2万9500円から4万円に増え、専業主婦で子どもがいなければ1万9500円から0円に減る。共働きで子ども2人の場合は現在は2万4500円だが、4万円に増えることになる。

 労使は現在、配偶者への手当てを完全に打ち切る時期や、支給対象などをめぐって協議している。

 経済界を代表するトヨタの取り組みは他の大手企業にも影響を与えそうだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。