出光、昭和シェルと経営統合へ 33.3%出資、筆頭株主に (1/2ページ)

2015.7.31 05:00

記者会見を終え、握手する昭和シェル石油の亀岡剛社長(左)と出光興産の月岡隆社長=30日、東京都千代田区

記者会見を終え、握手する昭和シェル石油の亀岡剛社長(左)と出光興産の月岡隆社長=30日、東京都千代田区【拡大】

 石油元売り2位の出光興産は30日、同5位の昭和シェル石油を買収することで合意した、と発表した。両社は今後、経営統合に向けた協議を本格化させる。出光は英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルから、2016年上期をめどに昭和シェルの株式33.3%を取得し、筆頭株主となる。取得金額は約1691億円。国内の石油製品の需要が低迷する中、規模の拡大で競争力を高める。

 両社の連結売上高の合計は単純合算で約7兆6000億円と、業界首位のJXホールディングス(約10兆9000億円)に迫る。国内の石油元売りの合従連衡が加速しそうだ。

 同日、都内で会見した出光の月岡隆社長は「経営統合で世界をリードする企業へ進化する一歩だ」と述べた。また、昭和シェルの亀岡剛社長は「対等な立場での経営統合を目指す」と強調した。

両社のブランドは当面、維持する

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。