アイサイトオーナー必見! たかが飛び石でも大出費の可能性あり! (1/4ページ)

2015.9.5 17:08

 スバルのアイサイト搭載車は、クルマの安全性能を評価するJNCAPの新たな試験である「予防安全性能アセスメント」で最高ランクを獲得し、その安全性の高さを証明しています。

 アイサイトは車内前方に設置されたステレオカメラによって常に前方を監視し、必要に応じて自動ブレーキなどの制御を行う運転支援システムで、2008年のレガシィに初搭載されました。

 現在ではアイサイトはver.3まで進化し、衝突回避の最大対応速度が50km/hに向上。さらに電動パワーステアリングと協調したアクティブレーンキープ機能と車線逸脱抑制機能などが追加されています。

 アイサイトは全車速追従機能もあり、渋滞時なども非常に便利な機能なのですが、ステレオカメラによる映像を用いるシステムなので、人間の視覚と同様に周辺の明るさなどで影響を受けます。さらにフロントガラスを通して監視しているので、フロントガラスが汚れていたり、傷があると性能を100%発揮出来ないケースがあるのです。

何といってもアイサイト装着車で最も注意しなくてはならないのは…

clicccar クリッカー

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。