満室状態…ハウステンボスの「変なホテル」 価格革命起こせるか (1/4ページ)

2015.9.6 07:10

 長崎県佐世保市の大型リゾート施設「ハウステンボス」に実験的なホテルが開業し、稼働分は満室状態になるなど好調だ。接客、案内、荷物を運ぶポーターなどをロボットが担う。その名も「変なホテル」。少子高齢化で労働力が先細りする将来を見据えて、ロボットにスタッフの業務の代行をさせる取り組みだ。同時に自動化や効率化による低コスト運営でホテルの価格革命を起こし、世界展開を目指している。

 恐竜型ロボット

 「いらっしゃいませ。変なホテルへようこそ」

 フロント前に立つと、恐竜型ロボットが歓迎のあいさつをした。鋭い牙や爪をむき出しにして、ややドスの効いた声で応対されるのはかなり恐ろしいが、“本人”は制帽、蝶ネクタイに身を包んでうやうやしくお辞儀するなどし、真摯に接客にあたっていた。

 「変なホテル」で宿泊客を迎える風景だ。恐竜型ロボットの「未来」、女性型ロボットの「夢子」がフロントに常駐し、宿泊客に応対し、チェックインとチェックアウトの業務を担っている。

宿泊客の荷物を預かるクローク役ロボットや…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。