「エヴァ新幹線」公開! イメージ塗装、実物大コックピットなど

2015.10.19 20:00

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のデザインをあしらった500系山陽新幹線。1号車には実際に乗り込める“コックピット”も設置された=19日午後、福岡県那珂川町の博多総合車両所

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のデザインをあしらった500系山陽新幹線。1号車には実際に乗り込める“コックピット”も設置された=19日午後、福岡県那珂川町の博多総合車両所【拡大】

  • アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のデザインをあしらった500系山陽新幹線=19日午後、福岡県那珂川町の博多総合車両所

 JR西日本は19日、11月7日から運行を始めるアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のデザインをあしらった500系山陽新幹線こだま号を報道陣に公開した。アニメに登場する巨大ロボットをイメージして塗装した外観や、車両内に設置された実物大のコックピットなど、随所でアニメの世界観を堪能できる。

 8両編成で、外観は主人公が乗るロボットのデザインを模し、紫を基調に黄緑や白を配色した。座席が取り払われた1号車内には実際に乗り込めるコックピットを置き、正面のモニターで敵のキャラクターと戦うゲームを楽しめる。ジオラマやパネルの展示コーナーもある。

 同社の担当者は「アニメファンはもちろんのこと、それ以外の方も鉄道の旅を楽しむきっかけとしてほしい」と述べた。 1号車の見学やコックピットへの搭乗体験は特設ホームページで事前予約するか、旅行会社のツアー商品を購入する必要がある。運転期間は2017年3月までで、新大阪-博多間を1日1往復する予定。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。