【スポーツbiz】日本人好みの箱根駅伝、なぜこれほど人気なのか 隆盛の陰で負の要因も (1/5ページ)

2016.1.6 06:45

往路5区を独走する青山学院の神野大地選手=2日、神奈川県箱根町

往路5区を独走する青山学院の神野大地選手=2日、神奈川県箱根町【拡大】

 食べる物を用意し、こたつにもぐる。目はテレビの画面にくぎ付け。6時間近く、飽きもせず、テレビに見入る。それが1月2、3日と2日間も続く。最近は、ずっとそんな正月だ。

 私のような人も少なくないのだろう。箱根駅伝の視聴率は往路が28.0%で復路は27.8%。昨年の往路28.2%、復路28.3%ほどではないが、高い視聴率が維持されている(いずれもビデオリサーチ調べ=関東地区)。

 「未知への興味」

 沿道には2日間で100万人ほどの人出があると聞く。

 箱根駅伝、正式には「東京箱根間大学駅伝競走」はなぜ、これほど人気を集めるのか。早稲田大スポーツ科学学術院の松岡宏高教授に聞いた。

 「スポーツ全般にいえることだが、結果が分からないものを見る『未知への興味』がある。時に悲劇的要素もはらんだ『ドラマ性』と言い換えてもいい」

 今年も青山学院大が圧倒的な強さを見せて39年ぶりの完全制覇を達成した。ただ、ブレーキを起こす可能性は常に存在した。

今年も5秒に泣いた神奈川大の襷リレーでの悲劇が話題に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。