セブンイレブン、最後の空白県・沖縄に2018年度進出へ 必勝作戦も用意

2017.1.20 06:03

インタビューに応じるセブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長=19日、東京都千代田区
インタビューに応じるセブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長=19日、東京都千代田区【拡大】

 コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長が19日、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、47都道府県で唯一未出店の沖縄県に2019年2月期をめどに進出する方針を明らかにした。沖縄は「ファストフードを好む文化がある」として、全店舗に店内で飲食できる「イートイン」を導入する方針だ。沖縄で将来的に200店舗以上の出店を目指す。

 古屋社長は沖縄への進出にあたり、まずは「(弁当などの)専用の工場を作る」と説明。すでに立地などの調査に入っているという。一部で導入しているイートインについて沖縄では全店舗に設置し、ハンバーガーチェーンなどのファストフード店に対抗する。

 一方、国内の18年2月期の出店ペースについて「1700店程度出店する17年2月期と変わらない」と説明した。現在の店舗数は約1万9000店だが、18年2月期中には2万店に到達する見通しも明らかにした。

 また、ティッシュやシャンプーといった雑貨は「まだコンビニの商品は高いというイメージがある」と分析。メーカーと共同開発するプライベートブランド(PB)を、雑貨などでも強化する考えを示した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。