【日本発!起業家の挑戦】高級ファッション、買い取りで新循環 (1/6ページ)

2017.3.7 05:00

マテリアルワールドの矢野莉恵氏(左)
マテリアルワールドの矢野莉恵氏(左)【拡大】

 □マテリアルワールドCEO・矢野莉恵氏に聞く

 ネット通販業界でイノベーションを興すことは、どんどん難しくなっている。既にさまざまな売り方が試し尽くされ、専門性やテーマのバリエーションだけが増えていくかのようだ。米・ニューヨーク発のMaterial World(マテリアルワールド)も、ちょっと見たところはただのファッション通販サイトだが、見かけにだまされてはいけない。

 ネット通販サイト事業は、一般にリスクが低く初期投資も少なくて済むといわれる。マーケティングに力を注ぎ、プラットフォームを準備して、あとは売り手と買い手にできる限りのことをさせるのが普通だ。しかし、マテリアルワールドの共同創業者、矢野莉恵氏は通常とは異なるアプローチで、女性のファッションの楽しみ方を変えようとしている。

 ◆2つの体験つなぐ

 --マテリアルワールドは、ファッションアイテムの買い取りサービスですね

 「はい。ニューヨークに拠点を置き、女性がクローゼットの中身を一新できるサービスを運営します。高級ファッションアイテムを必要なくなった人から買い取り、欲しい人に販売します。買い取るブランドのリストを用意しているので、そのブランドのアイテムを持っている人は、買い取りキットを取り寄せて宅配便で送ることができます。代金はクレジットとしてすぐに受け取ることができ、新しい洋服を購入する際に使えます」

 --新しい洋服ですか。現金で受け取るのではないのですね

 「ユーザーは、マテリアルワールド専用のプリペイドデビットカードを持っています。古い洋服を送ったら、その下取り代金がカードに追加され、最新のファッションアイテムを購入するのに使えます。洋服を売ったお金で、スターバックスでコーヒーを飲んだりすることはできません。ファッション専用の通貨で受け取るようなイメージです」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。