【マネジメント新時代】EV市場、オセロゲームの世界に 自動車“大航海時代”近づく (1/3ページ)

充電ステーションで充電中の電気自動車=中国・北京(AP)
充電ステーションで充電中の電気自動車=中国・北京(AP)【拡大】

 □日本電動化研究所代表取締役・和田憲一郎

 ここ1~2カ月、電気自動車(EV)に関する話題が多くなってきた。フランスが2040年までにガソリン車・ディーゼル車の販売禁止を打ち出せば、それに呼応するかのように英国も同年までのガソリン車・ディーゼル車の販売禁止を打ち出す。また、自動車メーカーのボルボは19年以降、新車は電動車両に特化すると発表。直近では、米テスラが大規模な量産タイプEVである「モデル3」をリリースした。まさにEVに関する強風が吹いているとも言える。それに比べ、日本政府および日系自動車メーカーはこれらに反応するでもなく、まるで何もなかったように静観、海でいえば“凪(なぎ)”のように静かである。

 米欧は強風も日本は凪

 仏英によるガソリン車・ディーゼル車の販売廃止の動きは燎原の火のごとく周辺各国に波及し、20年までにはオセロゲームのように、欧州一体がガソリン車・ディーゼル車廃止の動きに統一されるのではないだろうか。欧州は国境の移動が自由であり、仏英が打ち出せば、その周辺を通過する中小の国々はおのずと同じ対応をするであろう。また、中小の国々は自国に自動車産業を抱えるところが少なく、法規への適合も比較的容易である。最終的には欧州連合(EU)規則や指令の形で網がかけられても不思議ではない。

中国が打ち出した規制、大きな痛手に