【未来への羅針盤】中央大学の挑戦(6-2)受け継がれる「実学教育」 (1/6ページ)

2014.4.4 05:00

初代校長・増島六一郎は幕末、彦根藩の弓術師範の家に生まれた。1885年に創立された英吉利法律学校の校長に就任、同校が東京法学院と校名を改めた後も1891年まで院長を務めた

初代校長・増島六一郎は幕末、彦根藩の弓術師範の家に生まれた。1885年に創立された英吉利法律学校の校長に就任、同校が東京法学院と校名を改めた後も1891年まで院長を務めた【拡大】

  • 神田錦町にあった初期校舎。1888(明治21)年に右半分が竣工して、英吉利法律学校が使用し、遅れて竣工した左側を姉妹校の東京英語学校が使用した。ルネサンス式の赤れんが2階建て、イオニア式柱頭をもつ、当時としてはひときわ目立つ装飾的な建物だった
  • 最も古い卒業記念写真。1889(明治22)年の第4回卒業記念に、神田錦町の赤れんが校舎の中庭で撮影したもの。写っているのはこの日参集した講師13人と学生105人。ざっと見渡したところ和服が4分の3で、洋服は4分の1程度。まだ制服や制帽、記章は定まっていなかった
  • 1890(明治23)年に制定された裁判所構成法によって、弁護士も法廷では職服着用を義務づけられた。写真左は増島が着用した法服と法帽。かつらは増島がイギリスで法廷弁護士の資格を取得した際に作ったバリスターウイッグ
  • 菊池武夫は1875(明治8)年に第1回文部省留学生に選ばれ渡米。ボストン大学ロースクールで日本人として初めてバチェラー・オブ・ロー(法学士)の学位を取得した。増島のあと、東京法学院長に就任。1905(明治38)年に同学院が中央大学と改称したとき初代学長となり、1912(大正元)年までその職にあった
  • 創立期の英吉利法律学校は「英米法学者相集マリテ英米法律ノ全科ヲ教授シ、其書籍ヲ著述シ、其法律書庫ヲ設立」することを目的の一つとしていた。法律書籍の充実は、社会一般に英文法を普及させるという創立者たちの理想を実現するために不可欠な仕事であった
  • (1)花井卓蔵の卒業証書
  • (2)花井卓蔵
  • (3)曹汝霖
  • (4)ベルリンの日本大使館に会した留学生と学員
  • (5)長谷川如是閑
  • (6)杉村楚人冠
  • (7)吉田久

 ■實地應用ノ素ヲ養フ

 中央大学が「英吉利法律学校」として、今の東京・神田錦町に創立されたのは1885(明治18)年。創立者には、イギリスの法曹養成機関「ミドルテンプル」に学んで「Barrister at Law」の称号を受け、「法廷弁護士」となった増島六一郎(ますじま・ろくいちろう)=初代校長=をはじめ、穂積陳重(ほづみ・のぶしげ)、岡村輝彦、土方寧(ひじかた・やすし)、アメリカのボストン大学ロースクールで日本人初の学位を取得した菊池武夫=第2代東京法学院長・初代中央大学長=など、新進気鋭の法律家たち18人が名を連ねていた。

 当時の日本の法学界ではフランス法が主流だったが、中央大学の創立者たちは、抽象的体系性よりも具体的実証性を重視し、実地応用に優れたイギリス法についての理解と法知識の普及こそが、日本の独立と近代化の達成に役立つと考えた。

 「實地應用ノ素ヲ養フ」という建学の精神はここに発し、中央大学の伝統である「実学教育」に結び付いている。

 「実学教育とは、決して表層的な技術教育ではなく、知識や技能をもとに知性を磨き、その知性を社会のために発揮する力を養うことを意味しています。それは今日、多様な学問研究と幅広い実践的な教育を通して『行動する知性。-Knowledge into Action-』を育むというユニバーシティー・メッセージとして受け継がれています」(福原紀彦学長)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!