【生かせ!知財ビジネス】もしピコ太郎「PPAP」を製品化したら…莫大なもうけは誰のもの? (1/2ページ)

2017.1.13 14:00

ピコ太郎のライブ。「PPAP」は「まさに発明ソングだ」と知財関係者にも人気が高い(川崎市)
ピコ太郎のライブ。「PPAP」は「まさに発明ソングだ」と知財関係者にも人気が高い(川崎市)【拡大】

 世界的な大ブームを巻き起こしているピコ太郎の「PPAP」。実は知財関係者の間でも「まさに発明ソングだ」と評判がいい。もし今、ピコ太郎が世界中の発明家や研究者、事業家などへ向けて、リアルなPPAP製品の開発、実現を呼びかけたなら、どうなるか。

 ひょっとすると、多くのアイデアと資金、技術などが集まって合体し、数々の連携プロジェクトが組成され、そこで生まれるさまざまなPPAP製品が世界中で売られるかもしれない。世界的なイノベーションアワードを総なめにする製品が誕生すれば、さぞ楽しいだろう。

 では莫大(ばくだい)なもうけが出たとして、その製品の具現化に参加した人たちへの対価はどう配分するか。まず、ピコ太郎には多額のブランド使用料が入るだろう。ちなみに8日までで、国内ではエイベックス・グループ・ホールディングスなど2社が「PPAP」の商標を出願済みで、ピコ太郎自身は出願していないようだ。

 次に参加者はどうか。当然、事前の契約は欠かせない。提供した労力、資本、知財、情報などに対する評価を決め、貢献度を対価として計算できるようにしておく必要がある。対価は不要という無償提供者にも契約は必要だ。他人のアイデアを盗用する者がいたなら、製品の生産や販売が差し止められ、損害賠償請求されるかもしれないので、契約には保証や補償の項目も入るだろう。このようにPPAP製品の実現には、多くの交渉、契約が必要になる。しかも世界中が相手だ。

日本企業の課題は…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。