福島の子供、肥満傾向の割合高く 原発影響で運動不足か (1/2ページ)

2013.12.13 21:12

 東日本大震災後、福島県で「肥満傾向」と判断される子供の割合が依然として高いことが13日、文部科学省が実施した平成25年度学校保健統計調査速報で分かった。東京電力福島第1原発事故の影響が尾を引いているとみられ、文科省では「屋外活動の制限による運動不足や、避難に伴う生活習慣の変化が原因」と分析。福島県教育委員会は「食育の充実などの対策を進めたい」としている。

 調査は全国の幼稚園と小・中・高校で今年4~6月に行った健康診断の結果から、5~17歳の男女約70万人(全体の4・9%)を抽出して実施した。

 身長別の標準体重より20%以上重いのが「肥満傾向」となり、その割合を示したものが出現率となる。都道府県別の出現率を比べると、福島県は小1、小3、小5、中2、高1、高3の6学年で全国最多となった。同県では昨年度の調査で、原発事故前より「肥満傾向」が急増したことが明らかになったが、今年度も深刻な状況が浮き彫りになった。

低学年を中心に改善が見られた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。